naokoお絵かき

似顔絵 イラスト ブログ

町田樹絵祭り PIW横浜2017語り⑧

2017-06-04 02:17:06 | 日記

はい どやどやしい顔も好きですよ~

まあ このプログラムは 最初から最後まで

一気に つるっと 魅せるというか

全部が見所って感じ

笑顔も ドヤ顔も (ときどき可愛いとか)表情豊か

パッションとエモーショナル

これはスケートだけど

うん 舞台芸術っていうものに感覚が近いんだよね

いいバレエを 見たみたいな感覚に近い

(私は いいバレエを見ると泣くタイプです)

テクニックの知識があるわけじゃないけど

いい表現って なんか美しい「現象」みたいなものに近い

上手いだけじゃなく 存在感とか 空気感とか オーラとか

非日常性とか 不思議な感覚世界に連れてかれるような 感じ

もちろん そこには 綿密な仕掛けがあるんだろうけど

豊かな哲学とか 理知とかの 質量が どすんと要るような気がする

他の人の 受け売りだけど インプットとアウトプットの質量は

同量ではないそうだ

インプットしたものを 選別 洗練 抽出して アウトプット

するから・・・ま そうだよな

で、それをまわす原動力は・・・やっぱ「愛」だよね~~~

愛は人を強くする

そして「愛」は 見る者の心をあっためますよ

パッションと エモーショナルですよ

何て豊かな世界なんだろうって思う


私は いわゆる「スケオタ」というものではないと思う

スケオタとよばれる方々ほどスケートの知識に勉強熱心ではない

実際スケートを やったことないのに 知識だけ入れ込んでも

わかったことになるのかという疑問があり 自分みたいな

浅はかな人間は 余計な知恵をつけたら調子に乗りそうで

そこは あえてぼんやりと見た方が さわやかなのでは?という判断もある

自分は基本的には「無知」だということは 忘れてはいないです

ただ 町田樹は かなり特殊な 表現者だと思う

私はスケートファンというより 町田樹ファンなんだろうな

町田樹のスケートを 受け取るには 他のスケーターとの

比較論より 一冊でも多く本でも読んだり 他のエンターテイメント

や芸術に触れたり(高尚すぎるとか 難しいのは無理ですが)して

頭を柔らかくしておくとか

日常のやるべきことを 出来るだけちゃんとするとか

なんかそういう事に 気持ちのベクトルが向いてしまうんだな

町田樹って なんか「先生」みたいだよ

さすが ミューズだね
『フィギュアスケート』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 町田樹絵祭り PIW横浜2017語り⑦ | トップ | 町田樹絵祭り PIW横浜2017語り⑨ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。