語られる言葉の河へ

2010年1月29日開設
読書
大岡昇平+社会問題・社会保障

【派遣】FXでの損が運の尽き ~中高年派遣社員物語2~

2017年02月04日 | ノンフィクション
 (1)筆者(森川氏)は、41歳にして教師から大学院修士を経て、民間の廃棄物調査研究所の研究員になった。しかし、待ち受けていたのは、高橋まつりさん(自殺した電通社員)の仕事量に匹敵するほどの過酷な仕事だった。
 残業はすべてサービス残業。朝定時に出社し、夜は終電車で帰る。しかも、6年目にリストラにあって職を追われた。まだ独身。結婚相手を見つける暇などなかった。

 (2)いつかは海外で環境の調査をしたいと思っていた筆者は、それまでに貯めた700万円の貯金を基にして、3ヵ月かけて6ヵ国を2週間で調査するヨーロッパ取材旅行計画をたてた。メールで中央省庁等の役人に面会予約をとり、1日5万円支払って通訳を雇い、取材しない日はスキー等の観光もするという旅行だ。
 旅行後は、貯金を崩しながら調査結果を雑誌に発表。並行してさる会社の契約社員になった。仕事があるときだけ契約社員になるという待遇。ここで海外にグループ派遣してもらおうという企画があり、2年近い営業のおかげで海外で働けることになった。
 小金を貯めて帰国した。

 (3)これを機会に、海外長期滞在記を本にしようと出版社に掛け合い、2年間かけて自宅で執筆。その間はFX(外国為替証拠金取引)で儲けようと軽く考えていた。
 リスクのある取引は、最初はそこそこに儲けるのである。
 ところが、アベノミクスが登場して、口先介入したため、突然、円高から円安に急転落。円高予想の筆者は、もろに損が出た。
 損が出た時は、損を出して取引を切る自動損切りができるんどあが、その手続きをしていなかった筆者は、この円安に耐え切れず、なんと一挙に数百万円の損を出した。・・・・証券会社には言っておきたい。素人衆向けには、自動損切りの手続きを義務化すべきだと。
 さらに保証金の支払いが迫ったため、銀行からも借金して傷が広がった。生活費までFXに賭けていた筆者は、一挙にお金が不足。これはもう明日から働かなければいけないぞ、となり、今から6年前、60歳という中高年になて派遣社員になってしまった。

 (4)こんな損を出したのだから、読者の皆さんにはFXに手を出してはいけません、と申し上げるのが筋だろうが、自動損切りをしていたら、こんな目にはあっていないはず。だから、資金があり、新聞をよく読んでいる人なら、FXは宝くじより儲かる。
 ただし、筆者のように明日の生活費までつぎ込んではいけない。
 不幸は続いてやってくる。出版を約束してくれた出版社の社長は、出版不況のもと、闇金融にまで手を出して倒産。東京を後に、故郷に出奔してしまった。

□森川海守「FXでの損が運の尽き ~中高年派遣社員物語2~」(「週刊金曜日」2017年1月20日号)
     ↓クリック、プリーズ。↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
 
 【参考】
【派遣】余はいかにして派遣社員となりしか ~中高年派遣社員物語1~



『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【食】ブルーベリーは目の健... | トップ | 【派遣】転職・就職サイトに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL