語られる言葉の河へ

2010年1月29日開設
読書
大岡昇平+社会問題・社会保障

【南雲つぐみ】洋食器の日 ~7月12日~

2017年07月12日 | 医療・保健・福祉・介護
 「ナ(7)イ(1)フ(2)」の語呂合わせで、7月12日は「洋食器の日」。新潟県燕市の日本金属洋食器工業組合が制定している。
 燕の地域で洋食用のナイフやフォークを作り始めたのは、明治時代の終わりから大正時代の初めごろだという。この地域では江戸時代から「鎚起銅器(ついきどうき)」という技術が発達していた。銅をたたきながら縮めたり丸めたりして、やかんのように継ぎ目のない銅器をつくる技術で、その職人業が洋食器の生産に生かされた。
 大正時代に入るとコロッケやカレーなど洋食が人気となった。一般家庭でもナイフやフォークを用いる機会が増え、生産量が上がった。
 世界の食文化圏は「手食」「箸食」「ナイフ・フォーク・スプーン食」の三つに大きく分類される(「箸の本」本田總一郎、柴田書店)。狩猟・牧畜を営む地域では、ナイフは肉を切り分けるために不可欠で、食文化の初期のころには、家長が食べ物の配分権とナイフを持ち、その家の食のルールを決めた。これが西洋の食事マナーに発展したのだそうだ。

□南雲つぐみ(医学ライター)「洋食器の日 ~歳々元気~」(「日本海新聞」 2017年7月12日)を引用
     ↓クリック、プリーズ。↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【食】市販の「カルボナーラ... | トップ | 【佐藤優】保守論客が見た明... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL