語られる言葉の河へ

2010年1月29日開設
読書
大岡昇平+社会問題・社会保障

【佐藤優】プレモダンとしてのカトリックと正教 ~『牙を研げ』~

2017年05月17日 | ●佐藤優
 (1)キリスト教において、プロテスタント、カトリック、正教と分けると、基本的にはカトリシズムと正教はプレモダンな宗教だ。近代より以前の世界観を重視する。
 地球は平らで、ジブラたるの先あたりに行ったら、越えられないような滝があって、そこから落ちていくし、天には神様がいると信じている、というような世界だ。

 (2)我々近代文明は、いまモダンな発想の限界に来ている。ポストモダンの状況が生まれているなかで、むしろプレモダンのほうが対応できる、ということがあるわけだ。
 〈例〉地球生態体系。
 原発はどうするのか。原爆みたいなものをつくっていいのか。プルトニウムみたいなものを取り出していいのか。
 カトリックでは、神様がつくった秩序に反するから、原則として認めない。神様がつくった秩序は完全だから、基本的に進歩なんていうのはない。だから、人間の姓名も、セックスは契機の一つにすぎなくて、姓名ができるということは神様の意図だから、中絶も認めない。これはプレモダンな発想に基づいている。

 (3)5人に1人の子ども、6人に1人の子どもがご飯を食べられないような貧困状態だったら、助けてあげないといけない。イエスはみんなに平等にパンを配って晩餐をしたし、パンが五つ、魚が二匹しかいなくても、5,000人がお腹を満たしたじゃないか。そのように我々は持っているものを配らないといけない。
 だから、マザー・テレサのような人も出てくる。
 カトリシズムの場合は、教会が唯一の救いだ。教会に入ればどんな人でも絶対に救われる、という確信を持っている。

□佐藤優『牙を研げ 会社を生き抜くための教養』(講談社現代新書、2017)の第2章の「⑩プレモダンとしてのカトリックと正教」
     ↓クリック、プリーズ。↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン

 【参考】
【佐藤優】ユダヤ教、キリスト教、イスラムの「罪」 ~『牙を研げ』~
【佐藤優】論理が発達する理由 ~『牙を研げ』~
【佐藤優】天照大神vs.須佐之男命 ~『牙を研げ』~
【佐藤優】仏教や神道とは違う、一神教の思考法 ~『牙を研げ』
【佐藤優】国教は習慣というかたちをとる ~『牙を研げ』~
【佐藤優】紅白歌合戦の、カオスからコスモスへ ~『牙を研げ』~
【佐藤優】武士政権成立前後のグローバリゼーションと反グローバリゼーション  ~『牙を研げ』~
【佐藤優】プロテスタンティズムという思考の鋳型  ~『牙を研げ』~
【佐藤優】日本兵は捕虜になるとよくしゃべる理由、米軍の日本研究  ~『牙を研げ』~
【佐藤優】ソ連軍の懲罰部隊が強かった理由、日本軍の「生きて虜囚の辱めを受けず」  ~『牙を研げ』~
【佐藤優】『牙を研げ 会社を生き抜くための教養』 ~各章の小見出し~
【佐藤優】『牙を研げ』 ~まえがき~
【佐藤優】『牙を研げ 会社を生き抜くための教養』 ~目次~

 


『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【南雲つぐみ】ソラマメ ~... | トップ | 【佐藤優】復活という現象の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL