語られる言葉の河へ

2010年1月29日開設
読書
大岡昇平+社会問題・社会保障

【食】バナナを食べるのはスポーツをする前がいいか、後がいいか?

2016年10月14日 | 生活
 (1)バナナは日本人がよく食べる果物のナンバーワン。
 2006年の財務省統計によると、輸入果物のうち1位はバナナで、60.2%を占める。ちなみに、2位はグレープフルーツ、3位はパイナップル。

 (2)バナナはカリウムが豊富で100g当たり360mgを含む。
 1日に必要なカリウムは3,500mgだから、バナナだけで摂るには10本食べなければならない。
 バナナのほかに、カリウム豊富なじゃがいも、トマト、ほうれん草、海藻、納豆などと組み合わせて摂るのが望ましい。

 (3)バレーボールなどスポーツをするとき、①おにぎりと②バナナがある場合、
   事前に食べるのは①
   事後に食べるのは②
がよい。①は②より血糖値を高く長時間持続させる。
 一方、失ったエネルギーを素早くとり戻し、疲労回復させてくれるのは①よりも②のほうなのだ。エネルギーを急いで補給したいときに、バナナは有効なのだ。

 (4)果物としてのバナナを使った一般的な料理は、タンパク質分解酵素の働きで肉を柔らかくするというもの。バナナにはタンパク質分解酵素はなく、さっぱり感を加える酸味もない。しかし、肉を柔らかく、とろみのある料理に仕上げる効果がある。
 肉にバナナをまぶして加熱すると、バナナの糖分が肉の水分と結びつき、しっかり保持することができる。さらにバナナのコーティングが水分の蒸発を防ぐので、ジューシーでおいしく仕上がるのだ。

□NHK科学・環境番組部編『NHKためしてガッテン 雑学読本11』(日本放送出版協会、2007)
     ↓クリック、プリーズ。↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン

 
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【保健】ビールを飲むとビー... | トップ |  【豊洲】都庁は伏魔殿 ~小... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL