語られる言葉の河へ

2010年1月29日開設
読書
大岡昇平+社会問題・社会保障

【南雲つぐみ】あんぱんの日 ~4月4日~

2017年04月04日 | 医療・保健・福祉・介護
 4月4日は「あんぱんの日」。1875(明治8)年のこの日、木村屋の創業者木村安兵衛らが、花見の茶菓子としてあんパンを明治天皇へ献上したのが由来という。
 東京・銀座の木村屋総本店の資料によれば、木村安兵衛が日本で初めてのパン店を東京・芝日陰町(現在の新橋駅近く)に開業したのは、1869(明治2)年のこと。日本人の口に合うパンを作ろうと試行錯誤の末、イースト菌発酵ではなく、酒種を使って発酵させて、その生地であんを包んで焼いたあんパンが1874(明治7)年に出来上がった。
 明治天皇への献上が決まった際に、日本を象徴する国花であり、季節感も表現できる桜を取り入れることを思いついた。奈良の吉野山から、八重桜の花びらの塩漬けを取り寄せてあんパンに埋め込んだという。明治天皇がお気に召されたということで、一躍庶民にも大人気となった。【注】
 同店では、何種類ものあんパンが店頭に並んでいるが、私はフランスパン生地につぶあんとホイップした無塩バターをいれた「あんバターホイップ」がお気に入りだ。

 【注】<「和」と「洋」を融合させたあんパンは、桜の塩漬けで「甘さ」と「しょっぱさ」の取り合わせの妙をも得た。弁証法的というか、示唆に富むというか、不寛容の嵐の吹き荒れる世相を嘆くにつけても、学ぶべきところの多い逸品である。/ちなみに、炭水化物に炭水化物を加えた焼きそばパンは足し算の魅力に満ちているし、香りと表面の網目模様と微妙な色合いでメロンを演出するメロンパンには、風雅な「見立て」の美学がありそうだ。/さらには、香り高いカレーをあえてパンの中に封じ込めたうえに、衣までつけて揚げたカレーパンは、まさに逆転の発想。>【重松清「あんパンとツナマヨ ~暦の余白に(14)~」(「日本海新聞」 2017年4月2日)】

□南雲つぐみ(医学ライター)「あんぱんの日 ~歳々元気~」(「日本海新聞」 2017年4月4日)を引用
     ↓クリック、プリーズ。↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【俳句時評】100歳のユー... | トップ | 【佐藤優】キブ・アンド・テ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療・保健・福祉・介護」カテゴリの最新記事