語られる言葉の河へ

2010年1月29日開設
読書
大岡昇平+社会問題・社会保障

【南雲つぐみ】トマトをちょい足し

2017年06月10日 | 医療・保健・福祉・介護
 旬を迎えたトマトがおいしい。冷やしトマトを生でかじるのも初夏の味覚だが、カジキやサケなどの魚にスライスしたトマトをのせて、ホイル焼きにしてもおいしい。
 トマトのビタミンCは熱に強く、煮たり焼いたりしても栄養価は損なわれない。さらに、動物性タンパク質やカルシウム、鉄などの吸収率を高めてくれる。また、うま味成分のグルタミン酸やアスパラギン酸が含まれているので、魚のうま味を引き出してくれる。しょうゆをかけなくても味が付き、減塩メニューとしてもお勧めだ。
 トマトの赤い色素成分「リコピン」は抗酸化作用が強く、ビタミンEの100倍以上になるという。食品会社と大学の共同研究で、動脈硬化や糖尿病の予防や改善、また、肝臓がん、大腸がんの発症率を下げるなどの効果が出ている。
 旬以外の時期の場合、缶詰などの水煮トマトを使うのもいい。トマトの水煮は旬の時期に露地栽培の完熟トマトを大量に収穫し、加工されることが多い。生のトマトよりかさが減って大量に食べれられて、リコピンも効率的に取れるだろう。

□南雲つぐみ(医学ライター)「トマトをちょい足し ~歳々元気~」(「日本海新聞」 2017年6月9日)を引用
     ↓クリック、プリーズ。↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【加計学園疑惑】獣医学部新... | トップ | 【佐藤優】【加計学園疑惑】... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療・保健・福祉・介護」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL