語られる言葉の河へ

2010年1月29日開設
読書
大岡昇平+社会問題・社会保障

【食】チャーハンと焼めしはどう違うか ~東日本と西日本~

2017年01月21日 | 社会
 チャーハンが日本に広まったのは昭和30年代。チャーハンは中部以東で主にそう呼ばれ、京都・大阪以西では焼き飯と呼ばれることが多い。東日本では焼いたおにぎりを「焼き飯」と呼ぶ習慣があり、炒めご飯の新料理を区別する必要からチャーハンの呼び名が早くから定着した。一方、西日本ではその区別の必要があまりなく、焼き飯が炒めご飯を指す名となった。
 似た料理のピラフは、油で炒めて炊く。インド生まれの料理。語源はサンスクリット語のプラーカ(大きな一皿の飯)だ。それがペルシャ、トルコ経由でフランスに伝わり、ピラフとなった。
 かつて日本でも奈良時代から油飯という料理があった。ごま油を入れて炊いた飯だ。インドから中国への船が難破して日本に漂着。彼らがこのピラフを日本に伝えたとされる。
 究極のチャーハンの作り方には、まずは中華鍋を火にかけて空焼きし、煙が立つくらい熱する。温度が上がらないと香ばしさが出ない。
 炊きたての飯がほぐれやすく、チャーハン向きだが、普通は残りの冷や飯で手早く作るのが一般的だ。

□小山鉄郎(共同通信編集委員)「佐藤泰志「そこのみにて光輝く」/残りの冷や飯で手早く ~文学を食べる38~」(日本海新聞 2017年01月19日)
     ↓クリック、プリーズ。↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン


『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【保健】「過剰診断」か「見... | トップ | 【南雲つぐみ】寒たまご ~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL