語られる言葉の河へ

2010年1月29日開設
読書
大岡昇平+社会問題・社会保障

【南雲つぐみ】座りっぱなしは危険 ~血栓~

2017年01月17日 | 医療・保健・福祉・介護
 「エコノミークラス症候群」は、飛行機の狭い座席に長時間座っていて発症することから、そのネーミングがついた。正式には「急性肺動脈血栓塞栓症」。長く同じ姿勢でいると、特に下半身の血流が悪くなり、足の静脈に血栓ができやすくなる。血栓とは血の塊のことで、これが立ち上がったり、歩き出したりした勢いで血流に乗って肺に入り、血管を詰まらせる。
 最近でも、東北や熊本の震災など、車中で避難生活をしていた人にエコノミー症候群で倒れる人が見られた。飛行機だけでなく、自動車に長く乗っていることも危険であることが分かったのだ。
 特に、寒い季節は体の動きが鈍くなり、じっとしていることが多くなる。また、冬場は空気が乾燥するのでこまめに水分を取る必要があるが、発汗しないので、のどが乾きにくく脱水になりやすい。そのため血液が濃くなって血栓ができやすくなるという。
 まずは水分補給をしっかり心がけよう。さらに長時間同じ姿勢で仕事をする人も、足首をゆっくり曲げ伸ばしするなどして血流を促すとよい。

□南雲つぐみ(医学ライター)「座りっぱなしは危険 ~歳々元気~」(「日本海新聞」 2017年1月16日)
     ↓クリック、プリーズ。↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン

 【参考】
【南雲つぐみ】小正月には小豆がゆ ~むくみによる体重増の対策~
【南雲つぐみ】「おなかの風邪」の予防と事後処理 ~ノロウイルス、「ロタウイルス」~
【南雲つぐみ】食事制限だけのダイエットは危険 ~運動が大事~
【南雲つぐみ】温泉の安全な入り方
【南雲つぐみ】七草がゆ
ミカンのうんちく ~延命長寿の果実~
【南雲つぐみ】鍋で養生 ~今年1月5日は小寒~
【南雲つぐみ】お雑煮の食べ方 ~事故の防止法~
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【加賀野有理】慢性腰痛の実... | トップ | 【南雲つぐみ】体に合う椅子... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL