語られる言葉の河へ

2010年1月29日開設
読書
大岡昇平+社会問題・社会保障

【南雲つぐみ】良い眠りのために ~「眠りの相談所」開設~

2017年04月19日 | 医療・保健・福祉・介護
 暑くもなく寒くもなく、寝心地のいい気候である上に、この時期は次第に日の出が早くなっていく。「春眠暁を覚えず」というように、目覚まし時計の音が鳴り響いてもなかなか目覚められないこともある。
 しかし、十分に眠ったおかげで、昼間ははつらつと活動できるなら、そんなに困ることもない。逆にいつもより早く目が覚めるのに、日中に何度も眠気が襲ってくる、椅子に座るとすぐ居眠りをするというようなときは、睡眠に問題があるのかもしれない。
 年齢とともに体内のホルモン分泌や代謝の状態は変化する。その結果、眠りの質も変化しやすくなるといわれる。
 寝具メーカーの西川産業株式会社(本社・東京)では、この春から新たに「眠りの相談所」をオープンしている。IT企業と共同開発した「睡眠環境解析サービス」では、専用の活動量計を使って「寝姿勢」や「寝返りの回数」を測定。睡眠の専門知識を持つスタッフが今の睡眠状態を解析してくれるという。東京・有楽町をはじめ、全国7店舗で展開中だ。

□南雲つぐみ(医学ライター)「良い眠りのために ~歳々元気~」(「日本海新聞」 2017年4月17日)を引用
     ↓クリック、プリーズ。↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【相場英雄】『震える牛』 ... | トップ | 【佐藤優】誰かを袋だたきに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL