Surfin' Rabbit Station 番組Information

札幌市西区の三角山放送局76.2Mhzで毎週金曜日OA中!
山下達郎私設ファンクラブがお送りする音楽番組です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

暮らしのサイケ日記「慌しくも読書に勤しむ日々の巻」(サイケ)

2006-03-10 18:39:36 | Weblog
まーなんとゆーか、どうしても年度末は色々忙しく、本業の方の納期やら帳尻合わせの打合せなどかあって、結構日帰りの出張などで飛び歩いている。今日も朝こっぱやくから富良野まで行って来た。「あっいいじゃん、北の国からでしょ。」などと言うなかれ。今行っても雪ばかりでなーんにもないんだから。そりゃ北の峰あたりてせスキーでもするって言うなら別よ。仕事なんだから・・・。それでも打合せ終了後に富良野の蕎麦屋「小玉屋」でカツ丼セットを食べる頃にはいささか重たい気持ちも収まった。ここのセットはとにかく量が多くてなかなかに美味しいのです。ただ気をよくして店を出たら手袋が無くなってて・・・。どこで落としたんだろ?まっ天気は良かったので無くても別に大丈夫だったのだが。

でもって行き帰りのJRの中では読書に勤しむことにする。音楽聞くのも良いんだけど、ここのところただでさえ慌しい中に娘が帰省して酒を飲みに行ったり、母親が転んで骨折して入院したために見舞いに行ったり、よせば良いのに忙しい中2日連チャンで4時過ぎに起き出してサッカーを観るなどと自分を追い詰めるような生活をしているので、ヘッドフォンで音楽など聞いたら瞬く間に寝てしまいそうなのだ。

ただしこういう時には重たい小説とかはダメ。これも睡眠薬にしかならない。もっと軽く読めて、なおかつ「文化的」なものが良い。そんな時は僕は躊躇なく「食に関するエッセイ」をチョイスすることにしている。結構好きでチマチマ読んでは集めているのです。ここのところ以前から気になっていた遠藤哲夫著「汁かけめし快食学」をまず読み出す。僕はとにかくご飯の上に何かを盛ったりかけたりする類のものが大好きなので、こいつはなかなかに興味深い本だった。カレーライスを例に、食文化としての広まり方を考察しないでそのルーツだけを取りざたすることの無意味さを説く章にはハゲしく頷く。これ何にしてもそのとおりで、ルーツよりも伝播や浸透の仕方をキチン把握しないと文化というのは見紛えるものだと思うのです。これ以前番組用にハゲしくロックンロールについて考察した時の実感。

でそこから題名の連想で椎名誠著「ぶっかけめしの午後」へ。シーナさんの本は久し振り。相変わらずのシーナ節健在であっさり読了。シーナさんスコットランドでシングル・モルトに目覚めたそうだが、スコットランドをハゲしく大人の国と絶賛していて、かの国への憧れ余計に強くなる。

でこの本の中でぶっかけめし好きのシーナさんが「発酵食品大好き。」とのたまわっていたので、今度は発酵仮面こと小泉武夫教授の「不味い!」へ行き着く。古今東西美食、美味いものの本は数あれど不味いものの本というのは珍しい。しかも冒頭の温泉旅館の小鍋の「灰汁付着べったりふっつき豚三枚肉」の話は僕も何度も遭遇しているので、いきなりそうそうそうわが意を得たりとすっかり引き込まれて一気に読了してしまった。この本最後の嵐山光三郎さんの解説がまた素晴しいので、本編をちゃんと読んでから解説をお読みになることお勧めします。

となんやかんやとあっさりここ数日で3冊読み切ってしまい、食エッセイにも少々飽きが来たところでどうしてもSFが読みたくなり、今はSFが読みたい!2006年版が選ぶベストSF国内篇第1位の小川一水著「老ヴォールの惑星」を読み出す。コレについてはまた、読了後に・・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暮らしのサイケ日記「蹴球戦... | トップ | 3月10日(第141回)放... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (支部長)
2006-03-10 21:36:53
仕事でもね、やっぱり東京から思うと、「富良野」って聞くと羨ましいと思いますよ。



サイケさん!本、読んでますねぇっ!エライ!

ボクも、本好きなんだけど、最近は「積ん読」状態でして。。。

最近のボクは、軽い本を読みながら、ソウルミュージック聴いたり、落語聴いてる時間が最も気持ちがゆったりとします
そりゃ読むさ・・・ (サイケ)
2006-03-10 22:14:39
列車の中はねぇ、読書はかどるんだな僕の場合。僕の場合、あまり神経休まる音楽聞いてないというウワサも・・・(苦笑)。
腹へりましたぁ (テキサス)
2006-03-11 23:55:32
椎名誠は中学生の頃から読んでますが、最近はめっきり・・・。探検隊シリーズが大好きだったので、無茶やらなくなったのが影響してるのかもです。また読んでみようかなぁ。

食い物本はショージさんと嵐山光三郎しか読んだことありません(汗 腹減るので(笑  
確かに (サイケ)
2006-03-12 09:32:04
最近のシーナさんは妙な落ち着きが出てきましたね。故に僕もここのところあんまり読んでません。



俺は家でテレビのグルメ番組を見ながら貧弱なメシを食べれる男だからね。って何の自慢か判りませんが・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL