中央区勝どきヒューモニーのブログ

ボディケアサロン「ヒューモニー」を営むセラピストのあれこれ&サロンのお知らせ

視覚・聴覚障害者にも映画を―ユニバーサルシアター&『地球交響曲』

2017年05月01日 | ボディケアサロン ヒューモニー
最近、私にしては珍しく映画好いている。

座席数21席の小さな田端の映画館
Cinema Chupki TABATA (シネマチュプキ タバタ)

2016年9月、賛同者の寄付を元手に創設された
日本初のユニバーサルシアターです。
視覚や聴覚に障害のある方も楽しめるように、
上映作品にはすべて
日本語字幕と音声ガイド(イヤホン使用)
それとは別に赤ちゃんがぐずっても観られるように
小さな親子鑑賞室があります。
もちろん健常者も観ることができます。
昨日、テレビの手話番組でも紹介されていましたよ。

施設のことがわかりやすく解説されている動画がありました↓
佐藤浩章(シネマチュプキ タバタ 支配人)

      

こちらへ伺ったのは
この施設のコンセプトにとても興味をもったことと、
もう一度観ておきたいと思った映画が
ここで再上映されるのを知ったからです。


『地球交響曲第四番』(ガイアシンフォニー第四番)

地球と生命と魂(霊性)に寄り添い、
それぞれの分野で活動する様々な専門家とそのメッセージを
美しい音楽で綴るオムニバス映画。
1992年に第一番が公開され、
第二番、三番…と継続され、2015年までに第八番が
公開されています。
これまで故・星野道夫、14世ダライ・ラマ法王、ジャック・マイヨール
なども取材されています。

イギリスの生物物理学者ジェームズ・ラブロック博士の提唱する
「地球はひとつの生命体である」という
「ガイア理論」がこのシリーズ化された作品すべての
根幹をなしている。

第四番ではこのラブロック博士、
伝説のサーファー ジェリー・ロペス
野生チンパンジー研究科 ジェーン・グドール
沖縄の木版画家 名嘉睦稔
が取り上げられています。

「地球の営みとそこで生きる生命の営みが
互いに補い合うことではじめて、
水と命と緑あふれる地球たりうること」

「ごく一部で放出されたの有毒物質が地球全体に影響を与えること」

「海に自身をプラグインすることで
自分が海のエネルギーの一部になる
その感覚の素晴らしさを語るサーファー」

「命を敬う心無くしてただ好奇心の対象となってしまえば
科学の悲劇が起こってしまう」

「『死』と捉えるより命の循環としてとらえること」

「人間はただ地球を傷つける存在なのではない
やはり地球の生命の一部として
大切な役割を担って生まれた」

無差別な殺人、核エネルギーの問題などで不安に揺れる昨今、
彼らの語る言葉が今あらためて
強く私たちに訴えかけてくるようです。

「第四番」を観るのは、実は3回目。
回を重ねるごとにその理解を深めることができます。
また、今回は字幕入りだったことで視覚を通して
より記憶に残せるのでしょうね。

      

版画家の名嘉睦稔さんの作品には
1998年、佐渡島で開催されたイベントで版画展があり
そこではじめて出会いました。
会場で催された和太鼓のライブでは
睦稔さんも三線で飛び入り参加し、
観客である私たちも見よう見まねでカチャーシーを
とてもハッピーな気持ちで踊ったのを覚えています。


3年前、東京で個展にうかがった際、
その時は版画作品購入者限定だったにもかかわらず
私が抱えてきた画集に快くサインをくださいました。

爆発的なエネルギーを放つ作品同様、
名嘉睦稔という人も
エネルギーが溢れ、底なしの優しさを感じさせる
温かい方でした。

      

これを書いている今、
大きな雷鳴が聞こえてきました。
感謝と畏敬の念をもって
その大いなるエネルギーを感じています―

『地球交響曲』シリーズは
自主上映などで国内外各地で上映されています。
ご興味のある方はスケジュールをチェックしてみてください。


また長文になってしまいました…
最後までご覧いただきありがとうございました

ボディセラピスト こにしえつこ


ボディケアサロン ヒューモニー
 東京都中央区勝どき2-15-1 
 TEL:050-1365-6029
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ターシャ・テューダー 静... | トップ | 辻堂のログハウスカフェでク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。