中央区勝どきヒューモニーのブログ

ボディケアサロン「ヒューモニー」を営むセラピストのあれこれ&サロンのお知らせ

ココロにもカラダにも盛りだくさんの佐渡島―アースセレブレーション2017

2017年09月16日 | ボディケアサロン ヒューモニー
アースセレブレーションは毎夏佐渡島で開催される3日間のイベント。
こちらに通い始めて今年で早20年となりました。

素敵なことがありすぎて
東京へ帰ってきてからもしばし放心状態でしたが
気づけばもう1カ月もたっていた

いかん。

きちんと言葉にして
アルバム整理して
日常に戻って
ちゃんと前へ進まねばね!

港に面した公園で開催されるハーバーマーケットへの出店は10回目。


いつも初日は雨模様で
今年も覚悟していたのが
晴れてラッキーだ

この夜のこと―

店を閉めて帰ろうとしたところ
「今からお願いしたい!」と男性が。
「ごめんなさい、もうお店閉めちゃって…」
しかし先方、ぎっくり腰で…とお辛そう。
「では店の中は道具を片してしまってできないので外の芝生でよければ」
ということで急遽青空ならぬ星空マッサージ。
聞けば彼も同じマーケットでご家族でインド衣料のお店を出店しているとのこと。

施術中の会話で…

「前は固定の店舗もやってたんだよね。門仲で。」
「え、そーなんだぁ。ワタシ実家門仲なんだよ。」
(そういえば門仲には珍しくエスニック系のお店があったな。と思い出す。)
「え?何年生まれ?」
「○○年。」
「え?俺も。」
「じゃあさ、何中?」
「三中…(ま、まさか!?)」
「俺も!!」
 
名前を聞き合ったら
はい、知ってました(笑)
中学はクラスが離れていて接点がなかったものの
小学校では5、6年で同じクラス
しかもお家に遊びに行ったことのある数少ない男子の一人でした(笑)

なんというミラクル
もう驚くやら笑えるやら。

だって現在の彼の風貌と言ったら
腰までのロングヘアに髭ぼーぼーなんだもの。
余計にわからないよぉ
何度もすれ違っていたけれど
こんなことがなければ一生わからなかった!

彼はとってもいいヤツで
日中食事に行くヒマもない私の様子を見かねて
2日連続で、家族に作ったご飯を私にも分けてくれたのでした。

豪華なそうめん
とっても美味しかったよ。ホントありがとう

これを皮切りに、
なんだか感情が揺さぶられることが多かった今回。

念願の藤本容子さんのワークショップ「ヴォイスサークル」
にも参加できた。

容子さんの心温まる、時に切なくなるような素敵なお話しの数々。
気持ちがほどけた参加者25人の声が重なって膨らむLOVEのエネルギー。
そんなこんなが心の深いところに触れて涙こぼれる場面もあったりして。

        


仲良しお店仲間のノマディックラフトさんは
実は東京で知り合って
「絶対佐渡来たほうがいいよ
とスカウトして今年出店2回目。

看板娘のレラさんは温厚だがちょっと警戒心強め。
マッサージさせてもらって
初めてお腹見せてくれた(まだ全開じゃないけどね)
私も癒された~

お店仲間と言えば
今回お向かいさんになったお店の方にも仲良くして頂いて。
陶芸作品や手作りアクセサリーなどのお店なのですが
お店の方はご夫婦と仲良しの男女2人の総勢4人と賑やか。
みなさんおそらく50~60代と思しき大人なお仲間さんたち。
連日マッサージに来てくださったり、
スイカや昆布など差し入れてくださったり。
用事があるとお向かいから
「えっちゃぁーーーん
と大きな声が飛んできます(笑)
また楽しいお友達ができました

        


ところで、
佐渡と言えば海のものも山のものもコシヒカリもあり
とにかく食の宝庫。
だけれども、
私はこのマーケット会場に朝から晩までいるので
食事と言えば同じく出店しているお店で
タイラーメンやバーガーなどを頬張るのがせいぜい。
いえね、これも十分美味しくて大好きなのだけれど、
やっぱり地のものも食したいワケです。

で、常々行きたいと思っていたお食事処「まつはま」
20年目にしてようやく初入店がかないました。
というのも佐渡で仲良くなったお友達が
夜な夜な深夜までこちらで呑んでいる
という情報を知ったからです。
一人で行くのはちょっと気がひけて躊躇していましたが
お友達が一緒なら大丈夫

お店を閉めたりあれこれ終えた23時過ぎ
すでにデキ上がっているみんなに合流。
時間も時間なので量は食べられないが。と伝えると
若旦那がちょちょいと見繕って小皿にあれこれ出してくれる。
こういうの、とっても嬉しい。

お刺身、厚焼き玉子、ほわほわ特大おにぎり…
思いきり楽しんで、どっぷり疲れて、
そんな一日の終わりをこんなに幸せに締めくくれるって素敵だ。
結局、こちらには3日間来てしまった(笑)
 
そうそう、こちらの若旦那さん
日中、私のお店にも焼き立てのたこ焼きの差し入れをくださいました。
汗だくの仕事の合間の、それがなんとも美味しかったこと。
「営業」という枠を越えた「人柄」なのだろうな。
お店の魅力は「人」の魅力。
なんだかとってもお勉強になります。

        


たくさんの人との出逢いや再会があって
人っていいな、あったかいなぁー
と骨身に染み入るように感じられる。
そんな場所だから私はここに来ることをやめられないのだろう。

たくさんのものを受け取って
いったい私はどれだけのものを還元できるのだろう。
もっともっと「渡すことのできる」人になりたい。


(イベントの明けた月曜日、お客さんを乗せた船を鼓童の方々が演奏で見送る「送り太鼓」)

最後に、
いつも道具を貸してくれたり車をだしてくれるさっちー、
お世話してくださる西野さん、
お手伝いをキラキラの笑顔でしてくれるひさえちゃん、
皆がいなければ私はこんなにも素敵な経験をすることができません。
本当にありがとうございます。

楽しい時間を一緒に過ごしてくれる友人たち
いつもお店にいらしてくださる多くのお客様にも
深く深く感謝です。

これからもどうぞよろしくお願いしますっ!!!


長文、最後までご覧いただきありがとうございました。


ボディセラピスト こにしえつこ


ボディケアサロン ヒューモニー
 東京都中央区勝どき2-15-1 
 TEL:050-1365-6029
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浴衣をちゃんと着よう | トップ | プチ同窓会@ナマステインディア »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ボディケアサロン ヒューモニー」カテゴリの最新記事