中央区勝どきヒューモニーのブログ

ボディケアサロン「ヒューモニー」を営むセラピストのあれこれ&サロンのお知らせ

『ターシャ・テューダー 静かな水の物語』

2017年04月29日 | ボディケアサロン ヒューモニー
去年12月、私が密かに2017年の目標に掲げたのは

「ていねいに いきる」

この仕事をしていてこんなこと言うのも
お恥ずかしいのですが
自分のコトってちょっとおろそかになっちゃう。

でもやっぱり
かわいいかわいい
私のカラダ

もっと大切にしなければ

って思うようになったのです。

そのきっかけになったのが
テレビで見た
ベニシア・スタンリー・スミスさん
そして津端英子さん&修一さん
のドキュメンタリー

貴族の家に生まれるも
その生き方に疑問を抱きインドを旅したのち
京都の大原にある古民家でハーブガーデンとともに暮らす
ベニシアさん。


高度成長期に数々の都市計画に携わるも
自然を無視した利益・効率優先に疑問を抱き
自ら手掛けたニュータウンに土地を買って家を建て
そのまわりに雑木林を育て
野菜や果物を育てて暮らす
津端英子さん修一さんご夫婦。


そんな彼らの、ひとつひとつ、ていねいに
手仕事をし、時を紡ぐ生活を見て
胸の奥底から沸々と湧いてくるものがあったのでした。

クリスマスに自分へのプレゼントということにして、
有楽町の書店へ彼らの本を買いに走ったワケです。


そしてターシャ・テューダー。
彼女のことは映画
『ターシャ・テューダー 静かな水の物語』
の上映を知るまでは
彼女の本を書店で見かけて手に取ってはみるものの
なぜか私の意識の中には入ってきませんでした。

ある時ネットで映画の上映があることを知って
急に「これは観に行かねば」と思ったの。

冒頭、彼女が設計し、ご子息が手作りで建てた家と
見事なフラワーガーデン、古く使い込んだ家具や道具…
その一つ一つの映像がゆっくり映し出されると
いきなり私の涙腺が崩壊―

なんで?って?
だってその一つ一つから
彼女の温もりと愛情が
あふれ出していたんだもの。
彼女がひとりで作り上げたフラワーガーデンはまさに
その愛情の集大成のよう。

さまざまに変わる境遇の中で生きて
4人の子供を絵本を描くことで育て上げた彼女。

映画の中で、彼女が発する言葉は全て
エールであり、慰めであり、叱咤であり、哲学的でもある

そこには優しさと、強い意志と、
時に偏屈なまでの頑固さも垣間見える。
それがまた彼女を可愛らしく時に逞しく感じさせ
独特の魅力となっている―


彼女が裸足でガーデンを歩き回り
草をむしり花を愛でる姿はとても輝いて見えます。

この冒頭で「今年の目標」
といったけれど、
彼らの人生を垣間見、よく考えてみれば
1年で達成できるものではない。
というか、「達成」はできないだろう。
それはひとつずつ、一日一日継続していって初めて
「ていねいにいきる」ことができるのだから。
だから
我が人生半ばにたてた「今世の」目標…かな。

まずは自分にとっての「ていねい」ってどういうこと?
と考えることから始めます。


津端英子さんと修一さんの映画
『人生フルーツ』
も上映中です。これも観るつもり
気になった方はぜひ観てみてください。

ちなみにビックカメラ有楽町店8階にある
角川シネマ有楽町では
ビックポイントカード提示で
¥1,400で観られますよー

本はヒューモニーにもおいてありますので
よろしければページを繰ってみてくださいね。


最後までご覧いただきありがとうございました。

ボディセラピスト こにしえつこ


ボディケアサロン ヒューモニー
 東京都中央区勝どき2-15-1 
 TEL:050-1365-6029
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石けん師匠に会いに行く! | トップ | 視覚・聴覚障害者にも映画を―... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。