hulali~noの大事な1秒

好きなもの、好きな事、好きな人たちとの大事な関わりの1秒1秒の記憶を記録して・・・。エンタメレポが今や治療日記。

リンパドレナージ初回

2017-07-15 23:39:16 | 日常 そして独り言
やっとこの日が来た。
1度はちゃんと受けたいと、主治医から紹介状を出してもらってから、2ヶ月。

資格のある看護師さんと、色々話したりして、マッサージも覚えてなんて想像しつつ受付。
担当のセラピストが来ますので、お待ちくださいと言われ、ソファーで待つ。

すると、

奥から出てきたのは、若い男性。(私には男の子って感じ)
えーっと、施術を受ける同意書の説明だけに出てきた新人君か?(そう思いたい、リンパドレナージは素肌に直接触るし)
同意書にサイン後、個室へ案内され、用意されたガウンに着替えるように言われる。
一人にされ、着替えたものの、あの子がマッサージするのか?と、少し不安になる。
ベテラン看護師さんに、普段の不安とか質問とか、しようと思ってたのに。

しばらくして、カーテンの外から私を呼ぶあの子の声。覚悟を決めるか…と思った瞬間、
入ってきたのは2人。
あの男の子の後ろから、私が期待していたベテラン看護師さんらしき女性。
その女性が、「今日、初回なので2人で入らせてもらいますね。」
(私も初回だが、その男の子もデビューなのでは?と心の中で言ってみる)

その治療室は、学会と協力してセラピスト育成もしているところなので、こういうこともあるのでしょう。

始めに、患部の写真撮影。これは嫌なら断れるみたいです。治療前と治療後を記録します。
その後、指で下肢の足首、ふくらはぎ、膝上と太もも、お腹とお尻の順番に圧をかけて
マイナスとかプラスとか、プラスマイナスとか、言って記録してました。
押した感じの浮腫みを確認してたのかなぁ。
このチェックは男の子のが行った後にベテラン看護師さんが再度行ってました。
やはり、新人君と指導医みたいな感じ。
そして測定、圧迫痕の確認。足を高くしたベッドに寝たまま進んでいきます。

次に、壁に貼られたリンパの絵を見ながら、私の身体のリンパの状態や、施術によって、どうなるのかの説明を受けました。
で、ベテラン看護師さんは「私はマッサージ始めちゃいますね。」と言うと、すぐに始まりました。
マッサージの仕方を見たいのですが、新人君の説明は続いてます。

私の場合、骨盤内のリンパ節を取ってるので、その事がどう言うことかを分かりやすく説明してくれました。

なんとなくは分かってたつもりでしたが、わりと分かってなかった。
リンパ節って、弁がついてて、リンパ管を通るリンパ液を弁を開けて吸い上げてるそうです。
リンパは、体内の老廃物やたんぱく質、病原体を回収してきてリンパ節でろ過して、きれいなリンパにして心臓へ送り出すので、リンパ節が減るということは、老廃物や病原体が滞り、そこが傷ついたり、虫に刺されると、悪化しやすいってことなんですね。

本来、鼠径部、脇の下、鎖骨のところにあって、働いてますが、私は鼠径部のリンパ節を取ったので、下肢からのリンパ液を吸い上げることが出来ず戻っていき、浮腫となる。
では、どうするか。残るリンパ節に吸い上げてもらうしかないです。
それが脇の下。下肢から遠いリンパ節までリンパ液を流す。その流れを誘導するのがリンパドレナージ。

何となく滞ったリンパの流れをよくするくらいに思ってましたが、なるほどと思ったのと、脇の下までは、長い旅だなって(リンパ液にとって)

ゆえに、マッサージ前に、脇の下や、鎖骨付近のリンパ節の弁を全開にするために、鎖骨を意識して肩を回し、
深く腹式呼吸で骨盤内に残る少ないリンパ節を刺激して脇の下は念入りにマッサージ。
それをしてからでないと、吸い上げる準備が出来てないのにマッサージしても効果が低いのだそう。

マッサージはほぼベテラン看護師さんで、新人君はほぼ説明してたな。
で、実際に受けたマッサージは、自分が本とDVDで、真似したのとは、かなり違ってた

私のは、さすってただけかも。それが無駄では無かったと言ってくれましたが。
しっかりと両手の平をつけて、楕円を描くように。

そして色々質問しました。やはり答えてくれたのは、ベテラン看護師さん。
弾性ストッキングの種類や、運動量のこと。やはり自分に合うもの、程度を探して見極めることが大事なんですね。
この治療室は70分、90分、120分の治療コース以外にも、弾性ストッキングのサイズ相談も別枠で取れるそうです。

私が初めてはいた弾性ストッキングは
シワがよらないようにはいても、膝を曲げると、膝の裏に引き締めが集中して痛かったんです。
それって、キツいのかと思ったら逆で、サイズが大きかったのでは?と言われました。

今の状態は、セルフケアでコントロールしていけそうと言ってもらい、次回は2か月後にしました。

保険外治療なのが残念ですね。
でも、行って良かった。今の自分にはとても有効な情報を得られました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仕事と高齢の母と自分 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。