いつもココロに太陽を!

~ Me Hana O Ka La I Ka Pu'uwai ~

ダメージが過ぎると似合わないお年頃

2017-05-20 | ファッション


半袖のリブTに何かを羽織ろうと考えて。

数年前に買った「ダメージGジャン」を羽織ってみたのだけど、
人工的にダメージ加工を加えたそれは、汚らしくてイカン。

わざとらしくほつれていたり、穴が開いていたり…
やっぱり自然にくたびれたデニムと、わざとつけた穴ぼこは違う。

すでに自身にダメージが来ているこのお年頃では、ダメージが汚らしく見えちゃうねぇ。
みすぼらしいオバサンになっちゃう…

デニムのダメージを跳ね返せるだけの若さがないことを悟りました

で、結局羽織ったのは、もう30年も愛用している普通のGジャン。
襟元の革のタグが割れて取れかけていたり、袖にカレーらしきハネもついているわ。

それでもずっと大事に着ているから、くたびれた感はないの。

大事に着ている?
ポケットから2006年の《中目黒》っていう切符が出てきたよ。
それくらい久しく着ていないってことだわね。

わざとダメージ加工をつけなくても、こうして自然に色あせていく物なら大丈夫。
たぶん、まだ
昔のGジャンだから厚くて重いけど、この先40年も50年も大切にしよう。

うーん…あのダメージGジャンは「捨て」だな。
よし、タンスが一枚分空いたわと思うことにしよう。


ジャンル:
ファッション
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 早起きは”ニンジンの葉っぱ”の得 | トップ | 神奈川県民に有名なオギノパン »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL