いつもココロに太陽を!

~ Me Hana O Ka La I Ka Pu'uwai ~

有田陶磁の里プラザ 有田焼卸団地

2017-03-06 | 福岡小旅行2017
3026年前に1人で有田に来た時、すっごくたくさんの器が売っているお店を見たの。
お店の前の駐車場にまで商品がせり出しているようなあのお店。

あれはどこだったんだろう?
あのお店を有田の最後に見たいなぁ。

たぶん、ここだわとナビをセットして向かったのは
《有田陶磁の里プラザ 有田焼卸団地》というところ。

なのに、坂を車で上りながら…違うなぁ…ともう早々に気づいてしまった。
だってワタシ、あのとき徒歩しか手段がなかったはずだもん。

それでももう引き戻す時間もなく、来たことがないここに寄ってみよう。



なんとそこは、複数の店舗が軒を連ねるショッピングモールのようなところでした。



これはこれで素敵な場所
もっと早く来ていれば。
でも帰りの高速を考えると、ここにいられる時間は30分しかなく、モアイ君がに行っている間も惜しんでワタシはお店に飛び込みます


さすが有田焼

大きな壺や、社長室に飾るような大皿。
雛人形に洗面ボウルに便器まで
買うことはできないけれど、じっくり模様を眺めたい陶磁器がぎっしりと置いてあります。

そして、楽天さんで<お気に入り>に入れていた器を実際に手にすることもできました。


この4枚。
欲しいなーと思いながら単価が高くてスーパーセールまで待とうと思っていたの。

「これ、欲しいと思っていたんだぁ、どう思う?」
オットに聞いてみたら「別にいらないなぁ」との答え。

そうだね…確かに、手にしてみたらそんなに感動しないなぁ。
でも、ネットで買うより安いよ?
送料もかからないよ?
それでもいらない?

ワタシは自問自答に「いらない。」と結論を出せました
(ここで現物を見なければきっといつかポチしていたことでしょう)
実物を見ることでこれら<お気に入り>への未練が断ち切れた
それがここ《有田焼卸団地》での一番の収穫です(笑)


そうなるともう、買いたいツボにはまる物が売ってないなぁ。



それでも店舗の奥に アウトレットはこちら と
看板が掛かってたら見に行ってしまう…
掘り出し物探しは一番の楽しさだもん。

「旅館だったらなぁ」
「民宿じゃないしねぇ」
誰もいない店舗の奥で、ひとり呟く。

扇形の素敵な器や、スタッキングができそうにないお造り用のきれいな器。
眺めている分には本当に美しく、1回使ったら返せるんなら欲しいわ。
でも、しまうところがないよねぇ。

アウトレットはこんなに安いのになぁ…


2枚の豆皿をレジにお願いしながらお店の方に尋ねました。
「30年前にワタシが来たお店はどこでしょう?徒歩だったんです」

「それなら駅は"上有田"。上有田が一番駅前にお店が多いわ。おそらく"マルケイ"さんじゃないかしら?」

マルケイ…丸兄
さっきから道端に看板があったね!
そう!そこなのね?

ねぇねぇ、モ…

「もうダメ



あー
こうやってワタシの未練はまた続くのね…
今度いつ有田に来られるかもわからない年老いた身なのに…


まったくワタシの欲求は海よりも深い。
大村湾より大きいのです。

でも、それがあるからまた頑張れる。
欲がなくなったらあとは枯れるだけ。
そうやって今まで生きてきたではないか(笑)

じゃ、また次を期待して帰りましょ
いーさいーさ、帰れるさ。
博多に帰れるさ。


追記:
後ほどマルケイさんのHPを見たところ、ワタシの行ったお店ではありませんでした。
それでもいつか、上有田を散策してみたいなぁと思います。
《香蘭社》さんも行きたいし~っ
『佐賀県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 30年前の記憶がほとんどない... | トップ | 肉詰め新玉ねぎの圧力煮 »

コメントを投稿

福岡小旅行2017」カテゴリの最新記事