お寺の庭を掃きながら

こんにちは、福寿草です。
寺庭婦人、つまり お寺の奥さんをやってます。
私の独り言、聞いてください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

書いてもいい?

2017年01月03日 | Weblog
大丈夫よね?

2年ぶりに記事をアップしたって。

誰も期待してないでしょうし、
誰にも叱られないわよね?

新年おめでとうございます。



久しぶりに書くけど、
やっぱり私らしく、お正月のお年始について書こうかと思って(笑)。



お正月です。

お檀家さん達から お包みを頂戴しました。

それを、開けました。

筆で文字を書き入れて下さる方が減りました。

達筆な方も減りました。

筆で書いて下さる方は ほとんどがお年寄りです。

上手な文字。

私も、書きたかったなぁ~。

今 一番困っているのは、
せっかくお習字に通わせたのに 少しも上達しなかった、
息子です。

良い年になるのに、すごい悪筆!



えっと、何の話でしたっけ?

お包みですよね。

今年も、「ご仏前」でお年賀を持って来てくださった方々が。

でも、来て下さったんだから、いいの。





田舎ですから、同姓が多いんですが、
名前まで同じ方々がいらっしゃる。

こんなポピュラーな苗字なのに、
なんで、こんなありふれた名前を付けたの!?
と、親を恨みたくなる事があります。

同姓同名が、3人という名前もありました。

そのうちのお一人が、去年亡くなりました。

60代と お若かったので、少々がっかりしました。

同じ名前の人からお包みを頂戴しても、
これは、いったい、誰からだろう?と、
謎解きをしばし楽しむ事もできたのでした。

寂しいなぁ。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お布施の代わりに請求書 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。