ひーず のーと

旅、食、落語・・・と日々思うこと、思い出したことの備忘録

阪神4-3ヤクルト、阪神貯金2

2007-07-31 23:18:31 | 虎の記憶
阪神は今日はヤクルトを破り、何と、4月26日以来の貯金2!これが今期最多貯金とか。
TVでの応援は6回の得点シーンから。毎度いいところから見るなあ。さて、この試合はそれまでは阪神は2回に桜井のタイムリーで金本が必死の走塁で本塁生還、先制。さらに2点を追加。しかし、5回あと一歩で勝ち投手、4回まで被安打0の杉山がくずれ同点に。
TVを見始めた、6回、3塁打を打った林を2死から矢野がヒットで返して勝ち越し。このヒットが捕手のヒット数の球団記録となるヒットとか。そして、6回、7回は久保田、8回は復活ウィリアムスが、9回には藤川が球団新記録の27セーブ目をあげ、連勝、貯金2、首位と3.5差に。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なな福・ローストポーク

2007-07-30 22:01:02 | 今宵の逸品&お弁当
昨日、家で、夕食。ものすごい雨と雷だったので、外食でなくて良かった。
おかずに豊島区のなな福のローストポーク。お店の人が脂身のところがおいしいと、脂身いっぱいのところを切り分けてくれて、しっかりと一番おいしいところをいただきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の阪神は快勝。筒井しっかりと!

2007-07-29 22:33:17 | 虎の記憶
今日は、選挙関係のニュースを見たりして、阪神戦はTVKで、時々見ながら。
その阪神、ジャン先発、前半で大量点で、楽勝。今日はJFKを使わずに勝った!でも、こういう時にしっかりしないと、ねえ、筒井。大量リードなんだからこそ、しっかりと、行かなきゃ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阪神、昨日は岩田が打たれ連勝ストップ

2007-07-29 22:31:27 | 虎の記憶
昨日の阪神は序盤は阪神が2-1でリードしていたが、5回勝ちを意識した岩田がくずれ、大量失点へ。結果は2-7で、連勝ストップ。岩田!次は勝ちだ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神奈川代表は桐光

2007-07-29 22:29:43 | 高校野球
今日は、雨の予報もあったので、スタジアムにはいかず。結局、試合中は持ったみたいで、残念。
結果は、桐光が逆転勝ちで、3度目の甲子園へ。iモードで試合の行方を見つめていたが、序盤は東海がリードしており、30年ぶりの甲子園かと思っていたが…。T・O・K・A・Iでなく、T・O・K・Oが甲子園へ。是非、全国制覇を!

夕方になって、ものすごい雷雨だ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

決勝は東海大相模-桐光

2007-07-28 17:43:45 | 高校野球
8回表慶應、先頭山崎四球も、後が続かず。
8回裏、西川四球、奥野は送って、投手立木に代打杉山は凡退。大石三振。
9回表、桐光ピッチャーは丸山。先頭代打田中はセンター前ヒット。代打鈴木は併殺打。代打福富も凡退で、桐光4-2慶應。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桐光逆転( 7回)

2007-07-28 17:13:00 | 高校野球
6回表、慶應三者凡退。
6回裏、桐光、先頭筒井センター前ヒット。政野のバンドはファールフライ。上田のセカンドゴロ、送球をショートがエラー。秋山セカンドゴロで、ランナーは進塁、西川はセカンドライナーで、桐光はチャンス活かせず。
7回表、慶應2死から千々和が四球、スチール、内藤がセンター前ヒット。千々和、本塁突入。キャッチャー落球で慶應2点目。
7回裏、桐光先頭奥野はライトオーバーの2塁打。立木は送って、大石四球。建部ライト犠牲フライで、再び1点差。大石スチール、筒井死球、政野ライト前ヒットで同点。上田の3塁線を襲う当りを細江が弾きレフト線を点々と2塁打で、桐光逆転。更にワイルドピッチで4点目。
7回を終え、桐光4-2慶應
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5回まで慶應リード

2007-07-28 16:18:09 | 高校野球
第2試合は慶應田村、桐光東條。
1回表、慶應は山崎死球も伊場三振で無得点。
1回裏、桐光は先頭四球も、こちらも無得点。
2回表、慶應は先頭死球。2死から細江が右中間に先制の2塁打。千々和はレフト前にヒット。これで、桐光はピッチャー、エースナンバー立木に。内藤がストレートの四球で満塁。矢島センターフライで三者残塁。
2回裏、桐光は先頭四球、送りバンド成功も、あとが続かず。
3回表、慶應三者凡退。 3回裏、桐光、先頭大石レフト前ヒット。1死から筒井センター前ヒット。しかし、3番、4番が凡退して無得点。
4回表、野俣がセンター前ヒット。後続なし。
4回裏、桐光三者凡退。
5回表、慶應も三者凡退
5回裏、四球のあと併殺。
5回を終え、慶應1-0桐光
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東海がまず決勝へ

2007-07-28 13:48:12 | 高校野球
9回裏、横浜、1死から代打藤原がバンドヒット。しかし、あとが続かず、東海大相模が2年連続の決勝進出。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9回表まで東海リード

2007-07-28 13:37:18 | 高校野球
横浜スタジアムは満員札止め!
試合は5回表、東海の攻撃から横浜投手は浦川。東海三者凡退。
5回裏、横浜は落司のヒットがあったが無得点。
6回表、東海三者凡退 6回裏横浜は司筒香がファースト頭上を破るが無得点。
7回表、東海、三者凡退
7回裏、横浜は落司のショートゴロエラーで、四球・のランナーが生還、1点を返し、横浜4-6東海。
8回表、東海は1死から長谷川がライト線へ二塁打。しかし、後続なし。
8回裏、横浜は三者凡退 9回表、東海は先頭内田がピッチャー強襲で出塁。高橋のバンドはセカンド封殺。その後、盗塁成功したが無得点。東海6-4横浜
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東海大相模4回までリード

2007-07-28 12:48:40 | 高校野球
1回表、東海は内野安打があったが長谷川が643の併殺。
1回裏、横浜先頭高濱が一二塁間わ痛烈に破るも、バンド失敗、盗塁は東海伊藤捕手が見事に刺し2死。小川が一二塁間をライナーで破りるも、土屋は三振。
2回表、先頭が死球で出塁、その後、入れ替わったランナー内田が盗塁。原の三振振り逃げで、内田が3塁を蹴って、本塁生還を狙うが、ピッチャー落司がバックアップに入って、アウト。
2回裏、横浜はエラーのランナーを出したけど、無得点。
3回表、東海はこの試合初の三者凡退。
3回裏、横浜、先頭松本がエラーで出塁。高濱のレフト前に落ちそうなハーフライナーを東海・角が好捕。岩間が送って、小川が失策打で、ランナーがサードを出、戻りきれチェンジ。ず。

4回表、角がレフト前にヒット。1死から大田がショート横を破り、大城がライトへ2塁打で、東海が2点先取。更に原がヒットし、3点目。伊藤のサードへのゴロをお手玉。菅野のスリーストライクを一塁塁審が認め、タッチプレーがなけく打者走者まで帰って、東海6点先取。
4回裏、横浜は土屋が中前打2死から筒香が一塁線を破り、中原が三遊間を破り、横浜1点を返し反撃の著に。松本四球から高濱が一二塁間を破り、横浜3-6東海
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

横浜スタジアムは観戦者集結中

2007-07-28 10:52:46 | 高校野球
今日は快晴の横浜スタジアムで、高校野球神奈川大会準決勝。第1試合は横浜対東海大相模という人気校対決で、内野はもうすぐ満席。特に1塁側は横浜、第2試合は慶應ということで、ほぼ満席。
第1試合は東海菅野、横浜落司の両エース先発。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阪神5-2横浜、無失点の三浦をKO!Aクラス目前

2007-07-27 22:38:47 | 虎の記憶
今日の阪神、ルーキー上園が最近3試合連続完封の三浦と対決。
5回まで、無失点。そして、5回裏、満塁で、上園に代打桧山は三振も、坂に送られた代打矢野が1塁線を破るヒットで、2点先行。
6回表はダーゥインが完璧。そして、その裏、先頭か根元が右中間に目の覚めるような一発で3点目。さらに林がライト線にポトリと落ちるヒットのあと、桜井が3塁線を破り、林が激走で4点目。さらに、野口、関本がヒットで続き5点目。
7回表、ダーリンが四球とホームランで失点すると。安全に8回久保田、9回藤川で快勝。6連勝で貯金1、3位横浜とは1ゲーム差に。
あとは、投手の使い方だ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阪神3-2中日、借金返済、ナゴヤで初の3タテ

2007-07-26 22:15:43 | 虎の記憶
今日の阪神、TVは8回裏から。
それまではボーグルソンと川上の投げ合いで始まり、1点のビハインドを8回表金本の逆転2ランに、林3塁打、矢野犠牲フライで、2点勝ち越し。
そして、8回裏は久保田。ここで、3連打を浴び、1失点、さらに、無死満塁。絶対絶命。しかし、ここから、2塁ゴロ、三振で2死。藤川が後は三振に。さらに9回裏も2三振に、最後は金本が体をはって、ファールフライをキャッチ。ゲームセット!
4連勝、ナゴヤ3タテ、借金完済!でも、久保田、藤川は使い過ぎ、お疲れ状態。少し、勝ち方を作ろうよ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日からはベスト4、残り2校決まる!第2試合は激闘

2007-07-26 22:14:30 | 高校野球
今日もまた熱かった。夕方、少し雨模様だったけど。
さあ、高校野球神奈川大会は準々決勝残り2試合。
第1試合は、慶應とY校の戦前からの古豪対決。春県大会優勝の慶應が4回までに9点を奪う打線爆発で、8回コールド12-3の圧勝。慶應はエース田村を温存。といっても、今日投げた投手も田村と同じ2年生。どちらがエースともいいきれないのだろう。
第2試合が大変な試合に。序盤で桐光が1回と3回で計11点を奪い、5回コールドかと思っていて、あとはiモードを無視していたら、家に帰る途中に再び速報を見ると、11-10と横浜創学館が桐光にあと一歩まで…。やあ、びっくり。4回、6回に5点ずつの猛追だったようで、桐光もよく、逃げ切った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加