岩野のミサトン日記

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

エストレラ・マウンテン・ドッグだけど藤原

2016-10-18 23:26:37 | 日記
親にニキビがあったら子供にもできるイメージがあります、が現実問題、遺伝子の問題と片付けて良いのでしょうかね。m(__)m笑
意外かもしれませんが遺伝という根拠はないです。(〃´▽`)
にきびは手入れが行き届かない状態の上に、ポルフィリン、活性酸素を生み出すことから招く肌のパニック状態でしかないので、そんな物が引き継がれる事はないと思ってください。
この事から 、にきびに苦渋を味わされた親がいる、あるいは、苦しんだとしても、子供は違うと心得ましょう。
健康法と健康診断
しかし、吹き出物ができやすい素地は遺伝します。
にきびの導因はアクネ菌と皮脂のバランスの問題ですが、残念ですが、所謂遺伝する情報でしょう。
一言でいうと 、吹き出物自体は遺伝という根拠はないですが、肌の資質自体は子供に伝わります。
今一度、似ている慣習であったりすることが要因でにきびができる確率が非常に高く、その現実を遺伝と誤認識 してしまう人もわずかとは言えないでしょうね。
同じ家で暮らしていると親と息子で生活リズムってナチュラルに相似したものになってしまいます。
コッテリした食べ物をたくさん食べたり、睡眠をとるタイミングが遅い生活リズムの家庭だとごく自然にニキビが助長されますね、野菜中心の食事でまぶたを閉じるのが早ければ早いほど肌荒れで悩むことはありません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 滝口の修治 | トップ | 国本がコスケ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。