Romarin フランスの草の根となって

住み始めた時は腹がたち、住み慣れると離れがたいフランスにすみ、40年の年月がたちました。日々のことなど綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

学生のためのコンサート

2016年11月24日 | 音楽
聴衆参加のコンサートに続いて、毎年一度行っている、学生のためのコンサートが昨日ありました。
学生をタダで招待するコンサートです。今年で26年目。
今回はチャイコフスキーの「オネーギンからのポロネーズ」と「交響曲第5番」でした。

新しい試みで抽選で一人を選び、オーケストラの指揮をしてもらうことになりました。

難しいようでしたが、指揮者がやり方を教え、何とかクリア。
そのあとに全員を立たせて指揮を教え、みんなで指揮を体験してもらいました。

若い人たちが喜んで指揮をして、心から楽しんでいるのを見て、
「捨てたものでないな、世の中これからもどんどん良くなるなるな」と感じましたよ。


https://www.facebook.com/the.christian.thompson/videos/10158021745255727/


ビデオがうまく見れるかしら?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

聴衆参加のコンサート

2016年11月20日 | 音楽
聴衆参加のコンサート


昨日は一年に一回行っている聴衆参加のコンサートだった。
あらかじめ登録が必要だが、だれでも参加ができる。
座席に座ってちょっと窮屈だが、プロのおけと一緒に演奏出来る機会である。

子供から大人まで参加して大いに盛り上がった。
皆のうれしそうな顔を見てこちらも感動した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3歳のスワン

2016年11月15日 | サモエド日記
スワンの成長の様子を順番に書くつもりがもう3歳になってしまい、挫折してしまった。

この夏、スイスに行き、山歩きをしたが、実によく走り、行っては戻り行っては戻りして我々の3倍くらい歩いた。
電車に乗ったりロープウエーに乗ったがとてもおとなしく座ってよい子だった。

スイスではスイス人のみならず旅行者がとても犬好きで、どこに行っても可愛がられていた。
スワンの写真を撮ったりビデオをとったりしていた人もいた。

電車の中の写真をアップします。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

宝石泥棒 その2

2016年11月14日 | 生活
泥棒の被害を警察に届けに行く。大変親切な警官だった。
警察といっても管轄がいろいろあり、泥棒の被害届けは「Police」ではなく「Gendarmerie」で行う。

何故かお掃除のおばさんがうちに泥棒が入っていると気が付いた1週間前に実は被害にあったことがわかる。
おばさん、近所の人の話を総合し、その時に呼ばれた警察の話でやっと真相がわかった。

泥棒は10月27日の18h30から20hの間に入ったらしい。
お向かいさんのところも入られたが、息子が家にいて出ていったらしい。
そして、28日に警察が来て、我が家の台所の窓が開いているのを見て、留守だということでその窓から入り、寝室があらされているのを発見。
そのままにして、台所の窓を閉めて出るが、きちんと閉まらないので軽く締めておく。
(そのあと、22h過ぎに近所の人たちに事情調査をしたとか。)

その後、11月4日にお掃除のおばさんが郵便物を家の中に入れてくれたが、台所の窓は閉まっていた(ように見えたのだろう)。
さらに11月7日に来た時には窓が開いていて、部屋を荒らされているのを見て、娘に急遽知らせた。
軽く締めていた窓が風で開いたものと思われる。

私はてっきり11月4日から7日の間に入ったものと思っていた。

何やらややこしいが、私が出かけてすぐ入られたということのようだ。

やっと気分も落ち着いて、この程度の被害で本当に良かったと胸をなで下ろしている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宝石泥棒

2016年11月11日 | 生活
長い間投稿を怠ってしまった。

日本に母の介護のため二週間ほど帰国していたが小学校の同級生との食事会をすることができ、大変楽しい時を過ごす。
同級生の一人がこのブログを見てくれているということを知り、また更新することにする。

この二週間の間になんと初めて我が家に泥棒が入った。
この地区には結構泥棒が入るというので注意していたものの、うちには入るまい、と思っていたことも事実。
幸いに窓を巧妙に傷つけることなく開けたので、修理の必要は全くなし。

寝室に直行したらしく、サロンは全くあらされていず、ほっとする。
寝室は引き出しがすべて開けられ、中のものが散乱。
宝石を置いていた棚からすべて床に散らばされ、目ぼしいものをすっかり盗っていってしまった。
恩師の奥様からいただいた素敵な真珠のブローチや金のバイオリンの形のブローチ、誕生日プレゼントの素敵な指輪などが泥棒の手に渡ってしまった。

盗まれたこともショックだが、寝室に土足で入られ、引き出しの中を物色されたことが人のプライバシーに入りこまれたようで大変に気持ちが悪い。

しかし、もっとひどい被害も考えられたので、これで済んでよかった。

これからどのように対策をするかが問題だ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スワンの最初の調教

2014年09月29日 | サモエド日記
調教師のソフィアンヌが家に来て、打ち合わせやどのようにレッスンをして行くかを話してくれ、翌日から一時間レッスンに入りました。
まずはパニエといってベットにしているカゴに(プラスチックですが)行くよう命令。おやつをあげながら訓練します。「パニエ」と言うのは二回まで。それでも行かない時は足を一歩踏み出す。それでも聞かない時は「え!」と言う。それでも行かない時は取り押さえて首とお腹のところを押さえて「ここがパニエ」と叱る。
こんな具合で教えて行くわけです。
一番大変なのが、呼び戻しです。
何か他に面白いことがあると聞こえているのに知らん顔したりします。
まあ、やんちゃで大変。言うことを聞かない時は罰しないといけないのですが、逃げ回るので時には一時間も追いかけたことがあります。
このせいで個人レッスンをなんと18回も受けました。
それでも15ヶ月の今、ようやく少し聞くようになった、と言う感じです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013年9月2日に我が家の一員となったスワン

2014年09月29日 | サモエド日記
スイス生まれでスイスのパスポートを持つスワン。
血統書付きのサモエドです(*^_^*) 9月2日に娘達2人と車で迎えに行きリヨンまで連れて来ました。
次女が後ろの席でスワンと一緒に座りましたが、静かでおしっこも漏らさず、リヨンまで無事に連れて来ました。赤ちゃん用のパークと言いますが囲いを貸してもらい、その中で寝ることになりました。

一晩目は環境も変わるのでなくことがある、と言われたけれど、朝まで泣かず、実に良い子。

なるべく早く調教師に教育してもらった方がいいと言うので、翌日早速調教師に来てもらいました。

さて最初のレッスンは?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家に来たサモエド、スワン

2014年09月28日 | サモエド日記
久しぶりの日記です。
この留守中に我が家に大変化が! なんと犬が苦手の私が犬を飼うことになりました。
こんなにちっちゃな可愛い犬ですが、実はこのお母さんとお父さんに魅せられてしまったのです!
そののち、赤ちゃんが出来たことを知り、散々考えた末、飼うことに決意!

仕事上留守が多いこと、旅行が多いことなどの理由で本当に考え込みました。
生き物ですから、飼うには覚悟と責任が必要ですよね。

で、飼い始めましたが、想像異常に大変。

飼い始めて一年経った今ですが、私のメモがわりに書いて見ることにしました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月21日はヨーロッパの「音楽の祭典」の日

2013年06月29日 | 音楽
6月21日は音楽の祭典の日。

今年は我がオーケストラも音楽ホールの隣にある大ショッピングセンターの中で演奏した。

曲はポピュラーな ビゼー「アルルの女」からの抜粋。オッフエンバッハ「カンカン」
ビゼー「カルメン」からの抜粋。

買い物に来た大勢の人が鈴なりになって聴いてくれた。

手拍子も出て盛り上がりに盛り上がったコンサートとなった。

また来年もやる予定。弾く方もとても楽しかった。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

仲間の定年退職

2012年12月16日 | 生活
オーケストラの第一ホルン奏者が定年の年となり、昨日が最後のコンサートだった。
いつもにこやかで穏やか、人を集めてパーティーをしたり、困っている人を助けたりするとても人柄のよい仲間だった。
今週のプログラムはホルンの活躍する曲が多く、一曲が終わるごとに指揮者がホルンソロを立たせると、オーケストラの仲間たちの絶大な拍手。最後の曲が終わった時には客席の第二バルコンの真ん中に、「ありがとう、○○」と書かれた垂れ幕が張り出された。
長い付き合いの仲間だっただけに目頭が熱くなり、涙の流れそうになるのを懸命にこらえた。

演奏会後彼がお別れ会を催し、オーケストラの仲間たちと、昔からのすでにリタイアした仲間たちにも来てもらった。彼の人柄がそうさせたのだと思うが、大変心のこもった素敵な別れの宴となった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加