ふるさとは誰にもある。そこには先人の足跡、伝承されたものがある。つくばには ガマの油売り口上がある。

つくば市認定地域民俗無形文化財がまの油売り口上及び筑波山地域ジオパーク構想に関連した出来事や歴史を紹介する記事です。

筑波山の紅葉 11月26日(土) 筑波山神社周辺まで下って来た

2016-11-28 | 筑波山 四季
                  宮脇駅手前の階段で撮影 11月26日(土) 快晴、大勢の人が登山に訪れていた。境内には二つの結婚式や七五三でお参りに来る家族ずれでにぎわっていた。ケーブルカー宮脇駅周辺のモミジは葉が落ち、紅葉は神社周辺に下って来た。 1 2 3 4  5 6 7 8  9 10 11 12 13 14  15 16  . . . 本文を読む

11月17日(木)、筑波山の風景、錦秋の秋今が盛り

2016-11-17 | 筑波山 四季
筑波山の風景、錦秋の秋   11月17日(木) 雲一つない快晴、筑波山のカタクリの里の黄落は綺麗だが、周辺の木々の葉は大分少なくなっている。 昼頃、野田市の柳沢小学校4年生2クラスの生徒さんが、筑波山・御幸が原でガマの油売り口上を見学した。筑波山登山やガマの油売り口上の見学を通して見分を広め、人間関係などの集団活動の在り方や公衆道徳などについて望ましい体験を積む機会となり、また伝統文化 . . . 本文を読む

11月12日(土)筑波山神社の風景、錦秋の秋、紅葉も見ごろ

2016-11-12 | 筑波山 四季
筑波山神社の風景、錦秋の秋     昨日の雨天とうって変わって朝から快晴、風もなくのどかな筑波山神社には七五三でお参りに来る家族ずれや山頂を目指す人が大勢訪れていた。境内のイチョウは錦秋の秋真っ盛り、ケーブルカー宮脇駅周辺のもみじもだいぶ赤くなってきた。1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11   12  13  14  15  16  17   . . . 本文を読む

11月5日(土)曇のち晴、女体山~御幸ヶ原~男体山の風景 

2016-11-05 | 筑波山 四季
                   女体山神社11月5日(土)、女体山、御幸ヶ原、男体山の風景 午前8時30分頃、筑波山神社を出発、迎場コースを経てつつじヶ丘駅に差し掛かったところで雨がぱらついてきた。雨が止むまで休憩、おたつ石コースを経て女体山頂に11時頃到着した。 山頂は雲に覆われていたため視界ゼロで何も見えなかったが、山頂及び山頂の下の広場には多くの人がいた。御幸ケ原を経て男体山頂に向って . . . 本文を読む

ガマの油の値段、藩財政が厳しかった水戸藩も贋金を造った「天保通宝」なら1枚が100文で2500円 

2016-11-01 | 茨城県南 歴史と風俗
  ガマの油売り口上の「第7段 値下げ販売」で  「さあて、お立ち会い。お立ち会いの中には、    そんなに 効き目のあらたかなそのガマの油、   一つ欲しいけれども、ガマの油ってさぞ高けいだろうなんて   思っている方がおりまするけれども、  此のガマの油、本来は一貝が二百文、  二百文ではござりまするけれども、  今日は、はるばる、出張ってのお披露目。  男度胸で、女は . . . 本文を読む

江戸時代の信仰 千社詣と筑波山神社の千社札

2016-11-01 | 茨城県南 歴史と風俗
江戸時代の信仰 千社詣と千社札講の結成  江戸の人々は、現世利益を願って、それぞれの信仰に応じて社寺や霊場などに出かけた。富士講、えびす講などが江戸の庶民たちの間で広く参拝されていた。  特に職人たちの間では、元禄期(1688~1703)の終わり頃から以降、同職の者同士で、講の結成が盛んに行われた。講とは、もともと僧侶が仏典の講読や説法を行った仏教集会のことであったが、転じて、 . . . 本文を読む