ふるさとは誰にもある。そこには先人の足跡、伝承されたものがある。つくばには ガマの油売り口上がある。

つくば市認定地域民俗無形文化財がまの油売り口上及び筑波山地域ジオパーク構想に関連した出来事や歴史を紹介する記事です。

筑波山地域ジオサポーターズクラブ通信 霞ヶ浦特集

2015-02-25 | ジオパーク構想
    2   3  4     5       . . . 本文を読む

筑波山梅林 2月21日 梅の開花状況、 今日から梅まつりが始まった

2015-02-21 | 筑波山 四季
      「おもてなし館」のテープカット 梅まつりが始まった  筑波山梅林の梅まつりが今日、21日から始まった。梅の開花状況は紅梅が5分咲き、白梅は ちらほら咲いてはいるが、ほとんどがつぼみである。  11時から新装なった「おもてなし館」テープカット、梅まつりの神事及び梅まつりの開会式が行われた。 開会式に続き、ガマの油口上保存会の金野名人のガマの油売り口上の実演、太鼓演奏、よさこい . . . 本文を読む

筑波山地域をジオパークに !

2015-02-20 | ジオパーク構想
ジオパークとは?  「大地の公園」とも言われ、大地のことを学び、楽しむことを通して地域の魅力をより実感することができる、地層・岩石・地形・火山・断層など地球科学的に見て貴重な見どころを地域の資産として有機的に結び付けた場所である。 ジオ(地球・大地)に関わる遺産を保護し研究に活用するとともに、自然と人間との関わりを理解する場所と」して整備し科学教育や防災教育の場として、また新たな観光資源として地域 . . . 本文を読む

筑波山梅林 梅の開花状況 2月14日(土)

2015-02-17 | 筑波山 四季
筑波山梅林の開花状況 2月14日(土) 快晴で視程長大、富士山がよく見えた。梅林の紅梅は大分咲いてきたが、白梅はまだ蕾(つぼみ)が目立つ。建築中であった「筑波山おもてなし館」が完成した。梅林の上の地区にあった展望「あずま」の補修工事は2月19日で終わる。写真は午前9時から9時30分に撮影した。   1  2   3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  1 . . . 本文を読む

ガマの油売りの「筑波乃正伍郎」さんは、筑波山神社に相応しい宮大工さん

2015-02-15 | 茨城県南 歴史と風俗
             宮大工の筑波乃正伍郎さん       ガマの油売り口上を演ずる寺田さんは、「木組み」という日本古来の特殊な工法で神社仏閣を建築・補修する技術を持つ、数少ない宮大工さんである。寺田さんの工房には、修復倣頼を受けている築400年以上のお宮に使う小さな部材がきれいに箱に並べてある。大工歴40年超、細かな彫刻を施すために使う100種類以上ものノミが宮大工としての技術の高 . . . 本文を読む

筑波山梅林の「フォレストアドベンチャー・つくば」

2015-02-14 | イベント
フォレストアドベンチャー・つくば 筑波山梅林、旧ガマ公園に位置する「フォレストアドベンチャー・つくば」(つくば市沼田1688)は、アドベンチャーコース全4サイト、日本初登場を含む46のアクティビティから成り立っている。   中でも、約1000本もの梅が広がる筑波山梅林の上を滑空する100mのジップスライドが魅力である。2月下旬から3月下旬は、満開の梅林を眼下に見下ろしてのジップスライド . . . 本文を読む

筑波山梅林の「筑波山おもてなし館」完成!

2015-02-14 | イベント
 筑波山梅林の「旧おたちあい」跡に建築中であった「筑波山おもてなし館」が完成した。梅林入口に新たに設けられた道は木の砕片が敷き詰められているので歩きやすく、林を抜けると「筑波山おもてなし館」の広場に出るようになっている。「筑波山おもてなし館」とホレストアドベンチャーは、一体となって運営される(?)ような作りである。寒い一日であったが、梅林の駐車場はホレストアドベンチャーに来た人の車が多数駐車してい . . . 本文を読む

建国記念の日(平成17年2月11日)、筑波山神社の年越祭、豆撒きの風景 

2015-02-11 | 筑波山 四季
 2月10日(火曜日)、11日(水曜日)、筑波山神社は年越祭神事の一環として豆撒きが行われた。11日は天気快晴、風もなく穏やかであったので、普段、めったに見かけない大勢の人が集まっていた。何処からこんなに多くの人がやってきたのだろうかと思う程の混雑ぶりであった。大人も小学生以下の幼児も一群となって投げられたものを我先に拾い集めようとしていたが、安全管理のためには幼児の参加は自粛すべきかなと思った。 . . . 本文を読む