ふるさとは誰にもある。そこには先人の足跡、伝承されたものがある。つくばには ガマの油売り口上がある。

つくば市認定地域民俗無形文化財がまの油売り口上及び筑波山地域ジオパーク構想に関連した出来事や歴史を紹介する記事です。

筑波山大御堂の除夜の鐘 

2014-12-31 | 筑波山 四季
  筑波山中腹の筑波山神杜に隣接する、板東三十三観音霊場第二十五番札所の筑波山大御堂のガマの油の創始者光誉上人のお寺、筑波山大御堂の鐘は明治5年(1872年)に壊され失われたが、平成13年(2001年)に、130年ぶりに復元された。   この年の12月7日、新築された鐘楼前で落慶法要が営まれ、大みそかから新年にかけての鐘の音は、NHKのテレビ中継に乗って全国に鳴り響いた。   筑波山 . . . 本文を読む