ふるさとは誰にもある。そこには先人の足跡、伝承されたものがある。つくばには ガマの油売り口上がある。

つくば市認定地域民俗無形文化財がまの油売り口上及び筑波山地域ジオパーク構想に関連した出来事や歴史を紹介する記事です。

11月5日(土)曇のち晴、女体山~御幸ヶ原~男体山の風景 

2016-11-05 | 筑波山 四季

                   女体山神社

11月5日(土)、女体山、御幸ヶ原、男体山の風景


 午前8時30分頃、筑波山神社を出発、迎場コースを経てつつじヶ丘駅に差し掛かったところで雨がぱらついてきた。雨が止むまで休憩、おたつ石コースを経て女体山頂に11時頃到着した。
 山頂は雲に覆われていたため視界ゼロで何も見えなかったが、山頂及び山頂の下の広場には多くの人がいた。御幸ケ原を経て男体山頂に向って歩いているうちに雲が無くなり青空となった。筑波山が紅葉で覆われるのはもうじきのようである。


 1

 2

 3

 4

 5

 6

 7

 8

 9

 10

 11

 12

 13

 14

 15

 16

 17

 18

 19

 20

 21

 22

 23

 24

   

 

『茨城県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガマの油の値段、藩財政が厳... | トップ | 11月12日(土)筑波山神社の... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL