ふるさとは誰にもある。そこには先人の足跡、伝承されたものがある。つくばには ガマの油売り口上がある。

つくば市認定地域民俗無形文化財がまの油売り口上及び筑波山地域ジオパーク構想に関連した出来事や歴史を紹介する記事です。

10月22日筑波山神社の風景 奥野のガマガール、NHKTVの取材を受ける

2016-10-22 | ガマの油口上

 10月22日土曜日、この日は終日曇っていたが大勢の登山客が訪れ、挙式するカッルが3組あり七五三の家族ずれなどで筑波山神社は多くの人で賑わっていた。
 午後14時ごろからNHKテレビによる奥野ガマガール〔つくば市の民俗無形文化財筑波山ガマの油売り口上を学ぶ牛久市内の小中学生のサークル〕に所属する小中学生の女の子が演ずるガマの油売り口上の取材があった。

 熟年や“前期”高齢者が行う口上と違って、小中学生の女の子が演ずる華やかで初々しい口上に多くの人が見入っていた。なお、この日収録されたガマの油売り口上は、10月28日(金曜日)18時10分からNHKテレビで放映される予定である。

  1

  2

  3

  4

  5

  6

  7

  8

  9

  10

  11

  12

  13

  14

  15    16

  17

  18
  19

  20

  21

  22

  23

  24

  25  

【関連記事】 
筑波山神社の歴史

 

『茨城県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 筑波山地域ジオパーク イベ... | トップ | 大町桂月 『秋の筑波山』、... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL