ふるさとは誰にもある。そこには先人の足跡、伝承されたものがある。つくばには ガマの油売り口上がある。

つくば市認定地域民俗無形文化財がまの油売り口上及び筑波山地域ジオパーク構想に関連した出来事や歴史を紹介する記事です。

筑波山 梅林の開花状況(2月25日) 紅梅5分咲き、白梅1分咲き

2018-02-25 | 筑波山 四季
筑波山 梅林の開花状況(2月25日)開花状況は、紅梅5分咲き、白梅1分咲き、曇りで寒い一日でした。観光客が少しずつ増えてきています。 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13   . . . 本文を読む

筑波山 梅林の開花状況(2月24日) 紅梅5分咲き、白梅1分咲き

2018-02-24 | 筑波山 四季
2月24日(土)の筑波山梅林の状況 開花状況は、紅梅5分咲き、白梅1分咲き、快晴で風も無く暖かでした。 白梅も暖かい日が続けば一挙に花が開くだろうと梅林の管理を人たちがはなしていました。 今日は観光客が増えてきましたが、冬期オリンピックが終われば一段と増えるはずです。 1 2 3 4 5 6 7 8 9 . . . 本文を読む

筑波山 梅林の開花状況(2月23日) 紅梅3分咲き、白梅はつぼみ

2018-02-23 | 筑波山 四季
筑波山 梅林の開花状況(2月23日) 紅梅は3分咲き、白梅はつぼみが目立つが、”この木も咲いたな”と感じる木が増えてきた。10時頃まで雨模様、梅林を回っている内に晴れ間が広がって来た。団体客や中学生の一団が”ジオパーク”の学習に訪れていた。12345678910111213141516    . . . 本文を読む

筑波山 梅林の開花状況(2月20日) 紅梅3分咲き、白梅はつぼみ

2018-02-21 | ガマの油口上
筑波山 梅林の開花状況(2月20日) 紅梅3分咲き、白梅は所々咲いているがつぼみが目立つ。 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12   . . . 本文を読む

筑波山 梅林の開花状況(2月19日) 紅梅3分咲き、白梅つぼみ

2018-02-19 | ガマの油口上
2月19日(月)の筑波山 梅林の開花状況紅梅3分咲き、寒い日が続いたので花弁が黒ずんでいる。白梅はつぼみ。昨日より風もなく暖かったが訪れる観光客はまばらだった。  1 23 4 5 6 7 8 9 見返り縁台から見た梅林   ガマ口上を実演する特設ステージ(写真右端) 10 . . . 本文を読む

筑波山 梅林の開花状況(2月17日) 紅梅3分咲き、白梅つぼみ

2018-02-17 | ガマの油口上
2月17日の筑波山 梅林の開花状況 紅梅3分咲き、白梅つぼみ 1234        . . . 本文を読む

筑波山は噴火しない山 その形成と岩石

2018-02-03 | ジオパーク構想
筑波山は火山ではない 筑波山は山頂付近が斑れい岩類、 山腹付近が花崗岩類、 山裾付近には山麓斜面堆積物が見られる。 斑れい岩と花崗岩は深成岩 (地下深くで、マグマがゆっくり固まった岩石) の一種であるので、マグマが地下深くで固まった深成岩全体が隆起しまわりが削られて山になったことが分かる。筑波山は火山ではない。     斑レイ岩類(約7500万年前)     灰黒色の固い岩石。風化に強い。    . . . 本文を読む

筑波山の生い立ち 筑波山は噴火しない安全な山 

2018-01-23 | ジオパーク構想
筑波山の地質  関東平野の北東部にそびえ立つ筑波山は、裾野を引いた姿の美しさから紫峰とも呼ばれ、和歌にも詠み込まれるなど古くから知られている山である。 日本百名山の一つにも数えられていまる。最近では、日本地質百選にも選ばれた山である。       『筑波山地質見学ガイド』 産業技術総合研究所   筑波山は よく火山と間違われるが、実はマグマが地下深くで固まった深成岩でできている山である。    . . . 本文を読む

2018年1月6日 謹賀新年 筑波山神社の風景

2018-01-07 | 筑波山 四季
         2018年1月6日 謹賀新年 筑波山神社の風景 雲一つない快晴、陽だまりは暖かった。朝方は人出もまばらであったが午前11時頃から多くの人が訪れていた。午前7時30分の時点、幟の車道は渋滞もなく筑波山神社の駐車場に到着したが、駐車可能なスペースが大分あった。 1 2 3 4 5 6 7 8 9   . . . 本文を読む

2018年1月3日 謹賀新年 筑波山神社の風景

2018-01-04 | 筑波山 四季
      2018年1月3日 謹賀新年 筑波山神社の風景  雲一つない快晴であったが筑波山神社は朝から大勢の人でにぎわっていた。冷たい風が吹いていたので足早に帰る人が目立った。 午前7時の時点で筑波山神社の駐車場はほぼ満車であったが、神社に至る車道は前日程の渋滞ではなかった。    1   3   4   5   6   7   8   9   10  . . . 本文を読む

あんパンを始めて作ったのは茨城県牛久の人・木村安兵衛

2018-01-02 | 茨城県南 歴史と風俗
                     木村屋とあんパン 銀座木村屋の創業者木村安兵衛は牛久出身の武士です。明治維新によって失業したため江戸に出て当時の職業訓練学校に通い始め、そこでパン作りに出会う。 「この国の食卓にパンを並べて見せる」との信念のもと、息子の栄三郎と日本人の嗜好に合うパン生地の開発に研究を重ね、1869(明治2)年、安兵衛は木村屋の前身でもある日本で初めてのパン屋「文英堂」を . . . 本文を読む

2018年1月2日 謹賀新年 筑波山神社の風景

2018-01-02 | 筑波山 四季
    2018年1月2日 謹賀新年 筑波山神社の風景 雲一つない快晴、風も無く朝から暖かったので大勢の人でにぎわっていた。元旦は前日の雨で朝方には路面が凍結していると予想したのか人出は2日より少なかった。 午前7時30分の時点で大鳥居から神社方向は車の渋滞で前に進むことが出来なかった。筑波山神社ではかつては随神門から下の方まで参拝の人の列が続いたが、今年は賽銭箱を横方向に広げたため同時に多くの人 . . . 本文を読む

水戸天狗党の筑波山挙兵と挫折

2017-12-31 | 茨城県南 歴史と風俗
       名山として知られる筑波山            挙兵を印象づける上では格好の山、守るのは難しい 筑波山挙兵に至った背景   徳川斉昭の死後、水戸藩では尊撰改革派は、攘夷の即時決行を求める激派と慎重論をとる鎮派とに分裂した。激派は玉造の郷校などにより、領内の豪農などを組織した。 1860(万延元)年8月,長州藩の軍船「丙辰丸」の船上で,水戸・長州両藩の尊攘派有志の間に「成破の盟約」とい . . . 本文を読む

江戸時代の信仰 千社詣と筑波山神社の千社札

2017-12-31 | 茨城県南 歴史と風俗
江戸時代の信仰 千社詣と千社札講の結成  江戸の人々は、現世利益を願って、それぞれの信仰に応じて社寺や霊場などに出かけた。富士講、えびす講などが江戸の庶民たちの間で広く参拝されていた。  特に職人たちの間では、元禄期(1688~1703)の終わり頃から以降、同職の者同士で、講の結成が盛んに行われた。講とは、もともと僧侶が仏典の講読や説法を行った仏教集会のことであったが、転じて、仏事や神事を行うため . . . 本文を読む

ガマの油売り口上 江戸は大道芸の街だった

2017-12-30 | 茨城県南 歴史と風俗
江戸は大道芸の街、やし(香具師)が活躍した   やし・香具師とは?   江戸時代は失業など無かった 江戸では働く気さえあれば失業することはなかった。江戸の住民は長屋に暮らしていたが、仕事をせずにぶらぶらしていればれば、大家が放っておかなかった。町内の人とのつながりで何らかの仕事に就くことが出来た。ところで江戸にはどんな職業があったのだろうか。 それこそ千差万別で名前の付けようもない仕事もあった。 . . . 本文を読む