http://紅蜘蛛専門店.com

http://淫インモラル媚薬.com

たった一人の特別な存在としての自分

2017-02-24 10:47:19 | 社会ニュース
他人と代替可能なひとに陥らずに、たった一人の特別な存在としての自分を確保するためにはどうすればいいのか。
威哥王
わが子のために自分を鞭打って働く、重病の家族のために徹夜で看病する、従業員のために仕事を取ってくるなどといった場合は、他者への愛情や義務、責任がはたらく。身を切られるようなつらい時間であることもある。
この回路を起動するためには自分のことを愛してくれたり、必要としてくれる存在がいなければならない。

それとは別の仕方でたった一人の特別な存在としての自分たろうとするためには、自己実現を図ることだ。だがそのためには突出した才能がなければならない。しかしそれ以前に自分が何をやりたいのかがわからないのが普通である。

自己実現のための目的や手段が分からないといった悪循環に巻き込まれるのを避けることを可能にするのが、何かを享受する態度である。
美味しい料理を食べたり、美しい音楽や絵画、あるいはダンスに我を忘れると、また気の合った友人と冗談を言い合うときひとはそれを楽しむ。
それは何かのためではなく、その瞬間こそに意味がある。そのつど現在を楽しむことができれば、結局生活全般を楽しむことになる。
紅蜘蛛専門店
こうした義務や責任、愛情、自己実現、現在の享受などといった様々な回路が人には用意されており、そのつどそのどれかに動機づけられながら人は生きている。
それをメルロ=ポンティは状況的意味という。
メルロ=ポンティは「生きることの意味はなにかとは言えないが。けれども、常に意味というものはある」と言う。

だが、状況的意味から離れてしまうことがある。義務や責任、愛情、自己実現などが打ち砕かれ、義務ばかり押し付けられ、その意味がわからなくなる。何をやっていたのか、何をやっているのかわからなくなってしまうのである。

だが生の流動性には自然治癒力がある。しばらく休んでいればあらたな状況的意味が稼働する。
媚薬 通販
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本型匿名式SNSの大欠点 | トップ | シーツが届く???? »

社会ニュース」カテゴリの最新記事