BENちゃんのHOT一息~have a coffee break~

ちょっと一息 休憩してみませんか。
口に出す前に深呼吸。

日常の出来事をつぶやきます。

第55回愛媛マラソン エピローグ

2017-08-04 06:48:19 | 地獄の完走劇55
毎年何かドラマがある愛媛マラソン。
毎年ベストな状態で参加できるとも限らない。

今回は風邪に加え
本当に練習不足。
そして、トレーニング方法を誤った。

スピード練習をし過ぎて、
持久力が追いついていなかった。

昨年サブ4という、市民ランナーの目標を達成し
心の中では「もういいや」と思っていたのであろう。

そして、この1年は
職員が退職し、忙しく
加えて、飲み会が多くなり、
フルマラソンができる
体ができていなかったのかもしれない。


もうやめよう・・・。

と、いつも思うが、
何ヶ月か経つと
走っているんだろうなぁ!!

第56回愛媛マラソンに向け
始動が始まる。

おしまい。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第55回愛媛マラソン レース編4

2017-08-04 06:40:12 | 地獄の完走劇55
応援隊と別れてからもずっと歩いていた。
すると、変な平塚さん(仮名)が
追い抜いていった。

一言も声かけずに、
冷たい人だなと思いつつ、
しばらくすると
平塚さん(仮名)も歩いてた。

どうされましたと
聞いてみると足の裏がつるそうだ。
しかもかなりの重症。

お互い走っては相手をつき放し、
歩いては追い抜かれのデッドヒート。
こんな低レベルな戦いを
3キロ近くしていたであろうか。

トンネルの手前の坂に差し掛かったとき、
とにかく、
この坂と平田の坂は走りきろうと決意し、
再び走り出した。平塚さん(仮名)
ごめんなさいお先です。

走っているとテレビの中継車が。
しんどいのにも係わらず本能的に映らなきゃ
(まだそんなこと考える余裕があるのか)
ようやく平田の坂を超え、谷町、山越と歩いては走りの繰り返し。
あと5キロもない。

沿道では、観客があと少し、頑張れ~と
見知らぬランナーに応援をしている。
あめちゃんやチョコレートまで
配ってくれる人もいる。
ほんとうにあたたかい大会だ。

伊予銀行本町支店にさしかかった。
ここにはお世話になった
正木さん(仮名)がいつも応援をしてくれる。

正木さん(仮名)を見つけ、再び立ち止まった。
そして一言「限界です・・・」と。

でも、ここからはあと2キロほど。
そう思うと限界ではなかった。

正木さん(仮名)と別れると、
いよいよフィニッシュ地点の
お堀が見えてきた。

あ~~~~帰ってきた。
時計を見ると5時間10分を過ぎている。
ほんと長かった~~~。

辛い辛いフィニッシュである。
コースに一礼し、4回目のフルマラソンが終わった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第55回愛媛マラソン レース編3

2017-08-04 06:36:25 | 地獄の完走劇55
中間点からずっと歩いている。
足首をかばっていたせいか、
膝もやってしまっている。
しかも、風邪の影響から呼吸が困難に。

折り返し地点前に、盛實氏(仮名)に抜かれ
引き返してくる姿を見、
走れない自分が情けなかった。

折り返し地点で、
日野さんがんばれ!という声を聞いた。
登山部の尾野さん(仮名)だった。
ここで座り込んでスプレーを振ったが
ふくらはぎがつった。
ここからは、歩いていても
ぴくぴくと足が痙攣していた。
辛い辛い地獄の完走劇の始まりだ。

少し歩いているとエイドステーションが
見えたのでとりあえず入ってみた。
なんとマッサージを受けている人が数人。
こりゃええ。俺もお願いしよう。

このあと、もう2回エイドステーションに入ったが、
マッサージしてもつのは
1キロもないぐらい。すぐに痛みとつりだす始末。

30キロ過ぎ、応援隊が見えた。
スプレーをかけてもらいゼリーを補給。
少しは元気が出たが、地獄には変わりない。

あと12キロ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第55回愛媛マラソン レース編2

2017-08-04 06:29:28 | 地獄の完走劇55
今回のブロックはCである。
スタートしてからでも、
4分ぐらいのロスであろう。
(実際は3分ほどだった)

号砲が鳴った!いつものように
坊ちゃん列車では山内氏(仮名)が
手を振ってくれた。

スタートして1キロは5分58秒。
気負いなしのスタートだ。
徐々に5分40秒に持っていく。

平和通に入り、
国道に出たあたりに第1の異変が・・・!
痛めていた左足首に違和感が。
やばいなあな。
しかも、テーピングしていた
足の裏のテープがまるまって
かなりの不快感。
こりゃ放っておくとまめになるな。
ということで左足首のテーピングをちぎった。

5キロ過ぎには田村さん(仮名)に早くも抜かれ
9キロ過ぎライバルの
石川さん(仮名)に追いつかれた。

どうですかと聞かれたが、
左足首をかばう走り方で
「あきませんわ、早くも足が痛いよ」
まだ10キロでこのありさま。
どうにもこうにもならない状態だった。

しばらくは、石川さん(仮名)の背後をついていたが
平田の坂あたりで見失った。
本当に厳しい戦いだ。

北条に入り、
なんとか5分40秒をキープしていたものの
風船をつけた
サブ4のペースランナーに抜かれた。
細い道に入って、とうとう左足が動かなくなった。
それでもなんとか中間点までは走った。

そして立ち止まった。あと半分。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第55回愛媛マラソン レース編1

2017-08-04 06:26:14 | 地獄の完走劇55
今回のレースのイメージはこうだ。
レース前半は5分40秒で無理なく走ること。
後半5分30秒くらいで、サブ4!
なんて頭に描いていた。

朝5時45分。盛實氏(仮名)が
自家用車でお迎えにきてくれた。
今回この車に乗るのは
登山部で、フルマラソンは初めての
藤田氏(仮名)星隈氏(仮名)。

市役所の駐車場には7時前に着き、
やはり今年もゲートが開くのを待った。

市民センターで着替え、小腹がすいたので、
おにぎりとウィダーを買いにファミマへ!

おにぎり2個を平らげ、準備万端。
仲間がどんどん集まってくる。

応援隊も合流し、円陣を組み気合の掛け声。
HTB~~~ふぁいっと!!

そして、それぞれのスタートラインへ散らばった!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加