門原 実咲

門原 実咲ブログ

これらの設備のブランド激安大部分は全自動化設備で

2016-10-12 14:33:01 | 日記
ヘルツの赤い紹介によると、今年月の駿馬の靴の機械は靴博会のブランド激安上で共に5つのブランドのハイエンド設備を出して、その中の大部分は中国の台湾とイタリアから来ました。


聞くところによると、これらの設備の大部分は全自動化設備で、ブランド激安大いに人員の使用を下げただけではなくて、その上造り出す製品もも昔より人工の製造が更に標準的です。しかし更に取り上げる価値があったのは、晋江の靴の待望する生産設備の電力使用量はずっと高いままで下がらないで、このため、今回の華の駿馬の出す1匹の“厚い駿馬”の裁決機械節電率は125%に達します。“



つまり、以前に恐らく2キロワット時のニュースようやく完成することができる工程を消費して今ニュース0.75キロワット時をつぶすのでさえすれ(あれ)ば。この製品は今のところ供給が需要に追いつかないで、ブランド激安メーカーの年間生産量は5000台しかなくて、単晋江はすでに600の台湾ぐらいを買いました。”


ヘルツは赤く記者に道を紹介して、現在、この器械の企業を使って、今鳥、FUGUINIAOなどを喜ぶMulinsenがあります。それ以外に、華の駿馬の靴の機械は1モデルの完全の自動針の車はその他に同じく旅商人達に大いに見聞を広めさせて、この針の車効率は30%高まって、しかも節電の方面でも70%上がりました。“このようなハイエンドの設備は労働者の操作の仕様に対してとても低くて、もっとハイエンド設備はもっとヒューマナイズして、操作したのは簡単に企業にもっと高い生産効率を持ってくることができます。”






ヘルツの赤い表示、これはたくさんを解決して労働者の企業の生産能力の需要が欠けることができます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エルメス靴新の靴は日の高い... | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。