みみのアンテナ

得た情報を発信・また受信したい

めまぐるしく・・・

2017-07-15 20:33:32 | 日常

7月8日に入院した猫のコロは11日に退院した。

病院に行くとき、籠に入らずミャーニャーと鳴き叫び、

診察台に乗せるときは、籠から出てこない。

診察と治療が終わったときは、籠の蓋を開けると自分から入って行く。

4日後の15日(土)の今日、退院後の診察があった。同じように

エコーを見て、肺のだいぶ薄くなった膿液を注射器1本分抜いた。

 

13日(木)

介護サービス相談員として、施設訪問した。

先月訪問したときは、入院した人がいた。 私を見ると

ニコッとして、「アンタも大変ね」と労いの言葉の言える人であった。

その人が、亡くなったと聞いた。

パーキンソン病だったと初めて聞いた日でもあった。

 

14日(金)

私の尿管結石の破砕術の日、5回目の・・・

尿検査とレントゲン結果を受ける。

レントゲンで私の結石がどの位置にあるか分かる。

破砕するときも、エコーをみながらバンバン始める。

30分位で事前の検査結果が出たのであろう呼ばれた。

処置室に入ると、3回目の破砕の時に結果説明したDR,がいた。

「Fイといいます、始めまして」 「いいえ、2回目です」

「そうでしたか?」「私がお世話になっている先生と同名なので、すぐに覚えました」

私の電子カルテを見ながら、そうですねと返答・

そして、「石が見えないのですよ」

流れたのでは?  腰は痛くない? 血尿は?

矢次ばやに質問するが、全部否定した。

担当のF先生が入ってこられ、「今日は破砕は中止します、3ヶ月後に来てください」

それまでに突発的なことがあれば電話してください。

ということになった。

今週も忙しく動いた週だった。 そして昨日は一日中めまいの治まらぬ日だった。

不思議と今日はめまいなし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 折り紙教室と猫入院 | トップ | 国民健康保険の料金 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL