薄着になったらお肉が・・・

美容と健康を中心にダイエットに挑戦中!でたらめなダイエットは危険なので健康痩せをしています。

目の下のたるみとは

2017-08-06 19:06:37 | ダイエット
目の下のたるみとは

目の下のたるみは加齢に伴う悩みです。

人の顔は加齢と共に少しずつしみやたるみが増えてきて、乾燥が進んで肌の張りが失われ、老けて見えるようになります。

皮膚のたるみが増えると顔が老けて見えるようになるため、たるみ対策はアンチエイジングのためにも重要です。

たるみが目の下にできると、特に顔全体が年を取ったようにみえます。

加齢に限らず、中には20歳を過ぎる頃から目の下がたるみ始めるケースもあります。

目の下のたるみ理由は年齢以外にもあります。

大きな目をしていたり、頬骨が平たかったりという人は目の下のたるみに用心してください。

目の下たるみの原因として考えられて・・・つづく

たった1週間の地肌ストレスが髪の艶までうばってしまう…。


そんなデータがあります。


ヘッドスパで日々疲れて固くなった地肌(頭皮)をいたわり、

地肌(頭皮)も髪もすこやかに。


ぜひ毎日の習慣に取り入れ、

地肌ストレスを解消させましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハワイのダイエット石で痩せる!

2017-08-06 16:17:12 | ダイエット
ハワイのダイエット石で痩せる!

ゆったりと流れる時間、やわらかく揺れるヤシの葉、まぶしい太陽にコバルトブルーの海…。

思わず“アロハ~”と声を出してしまいたくなるような…そうです、ハワイです!多くの日本人が愛するハワイ。

日本語が通じてしまうくらいに日本語が溢れていますので、もっとも行きやすい異国の地と言っても過言ではないのではないでしょうか?ハワイに行ったことがある方も、行かれたことがない方でも、ハワイ独特の魅力に心がウキウキしてしまうことってありませんでしょうか?今回はハワイの伝統的なダイエット作用の高い「ホットストーンマッサージ」のご紹介です。

「ホットストーンマッサージ」とは、名前を聞いても想像がつくように“温かい石”を利用した・・・つづく

洗い流さないトリートメントは、

シャンプー後のトリートメントと役割が異なり、

ドライヤーの熱や、

ブラッシングをする時の摩擦から、

髪の毛を守ることができます。


こうして、

ここまで準備が整ってから、

はじめてドライヤーをかけます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

糖鎖の効果とサプリメント

2017-08-06 12:42:56 | ダイエット
糖鎖の効果とサプリメント

疲れた体に糖鎖栄養素を補充するために、上手にサプリメントを活用してください。

様々な糖鎖が存在しますので、それら全てを確保するには今の人たちの食生活では非常に大変なことになってしまいます。

生命現象に欠かせないたんぱく質にうぶげのように存在するものが糖鎖で、ブドウ糖など糖類がつながって鎖のようになっているというものです。

糖鎖は糖の配列により機能が異なるとされ、人体には数千以上の糖鎖があると言われています。

糖鎖はタンパク質が体内で果たす働きに大きく関与していると考えられており、生命を維持するために重要な栄養成分の1つです。

N-アセチノロイミン酸やキシロース、グルコースなど、合・・・つづく

ビタミンBの働きを持ったビタミンでは無いサプリメントというのが、

イノシトールサプリメントというものなのです。


ビタミン様物質と呼ばれるサプリメントは、

イノシトールサプリメントのほかにもあります。


よく耳にする成分のサプリメントである、

コエンザイムQ10・リボ酸・コリン・ルチン等がこれにあたります。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダイエットに役立つ器具について

2017-08-06 09:02:19 | ダイエット
ダイエットに役立つ器具について

十分な睡眠と規則正しい食事、油脂や高カロリーに偏らないメニュー、器具等での体を動かすことがダイエットにつながります。

ダイエットの器具は、ダイエットに効果的な運動や食事コントロールをたやすく行うためのサポート的なものです。

現代人にとってとても身近なものとなっているダイエット。

体重を減らすためのダイエットという言葉は昔からあったわけではなく、元は病院などで行われる医療的な食事療法のことを示していたといいます。

ダイエットの発祥は19世紀のアメリカとされています。

最近のダイエットは見た目を気にして、あるいはメタボ予防のためにという方が主流のようです。

この頃・・・つづく

ウェーブキープの留めロッドを抜いて、

その状態のままカールをクリップで留めます。


ウェーブが取れてしまうので、

髪の温度が下がるまでクリップを外さないでください。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加