島原半島博物日誌

雲仙にある某施設のスタッフが綴る非公認・非公式の個人ブログです。

上山公園を歩く、その6-上山公園展望台

2016-10-14 11:34:49 | 観光・施設
愛宕社宝殿と三重塔があった場所から、ぐるりと迂回しながら上山公園展望台まで歩くルートがあるらしい。
うろ覚えの駐車場にあった看板と手元の地図を頼りに、落ち葉の積もる自然歩道を歩き始めた。(表紙写真)
蚊が多いな。
歩いている間に7、8カ所刺された。
半分の3、4匹は叩き潰した。
おかげで左の掌は自分の血で真っ赤に染まった。
それだけ自然が豊富なのだろう。
シャクトリムシとカナヘビを見つけた。

おや?ベンチがある広場みたいな所に出たぞ。
ここが展望広場か?

あ、いや、まだ先に登る道が続いているな。
町歩きのつもりで出てきたが、これは簡単な山登りだ。
完全に服装間違った〜。><

こっちが展望広場か。

展望台がある。
周囲が樹木で見えないが、展望台に登れば見えるかな。

周りの樹木が成長したせいか、何も展望が効かない。
周囲の地形も見えないので、自分がどっちを向いているのかも分からない。
多分、上の写真は南西方向を向いている筈。w

こっちは北西方向だと思う。

で北東方向。
おそらく後ろの山が多良岳だろう(自信なし)。

南東方向だと思われる。
遠くに見える山頂が雲に隠れた山が平成新山・普賢岳だろう(多分おそらく)。
よく山頂からの眺めが効かなくなると「樹木を切れ」と仰る方もいらっしゃるが、自然系施設で働く人間としては一概に「はい、そうですか」とは言えない。
樹木も頑張って成長して枝葉を伸ばしているわけなのだから、これも自然の一つとして受け入れる事はできないだろうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上山公園を歩く、その5-愛宕... | トップ | 上山公園を歩く、最終回-その他 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。