島原半島博物日誌

雲仙にある某施設のスタッフが綴る非公認・非公式の個人ブログです。

吾妻岳放浪記その4

2017-04-19 15:31:01 | その他
放浪記はもう終わったと思っていましたか?w
甘い!
学校の先生が言うじゃないですか、「お家に帰るまでが遠足です!」
九州自然歩道に出てしまいましたが、まだ雲仙まで帰り着いたわけじゃありません。
放浪記はまだ続きます。
まあ、何度か通った事のある道、この後は楽勝なのですが・・・。

この道標を右にまっすぐ進めば弘法原に着きます。
「・・・今日は右は鬼門だな。左カーブに行った事ないし、左に行ってみるか。」
悪魔が私の耳元で囁きました。
それからの舗装された道の長いこと、長いこと。
右に左にカーブしながら、永遠に歩かされるのではないかと思うくらい長かった。
ようやく人の活動の痕跡が残る所まで下ってきました。

お、シャガが咲いてるじゃん。^^
おや?分かれ道の奥の方に何かあるぞ?

朽ち果てているが神社…跡かな?
なに・・・亀石神社。
そう言えば、事前に調べた時、この林道は「亀石線」って書いてあったな。
この辺は「亀石」という地名なのか。
周辺から人が離れてどれくらい経ったものでしょう。
この後、千々石町まで下って、橘神社で桜吹雪に巻かれながらバスを待ち。
雲仙経由島原行きのバスに乗って帰りました。
後半ざっくりと切り捨てていますが、途中から写真撮影する元気も無かったのか、写真がありません。w
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミヤマキリシマ開花情報(第... | トップ | 昭和天皇歌碑 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。