曇り時々晴れ?統合失調症の日々

統合失調症になってまる11年。kazukoの日々を綴ります。

素直なきもち

2017-06-14 16:50:43 | 日記
退院してから、夏ごとに陽性症状を発していますが

その都度、私にかかりきりの夫に申し訳ないより

ひとりで寝ていて、家事だけ済ませてくれているほうが正直、安まるので

夫の職場にお話しして、昨年の夏の終わりから

夫の仕事が忙しくなりました。

出張も増え、私はひとりでいることが多くなりました。

まあ、まだたびたび調子は崩していますが

ひとりでいるのは休むにはいいみたいです。

夫の仕事が忙しくなったころから

料理も病気になって11年めの昨年の秋、やっとやっと少し。

畑でとれる野菜セットで旬のお野菜が届くので、

夏の終わりは、ひたすらピーマンにしし唐に万願寺のパレードを炒めて

食卓へ。

味付けの勘は戻ってなかったので、

お味は食べる家族がそれぞれ。

お魚も焼けなかったので、圧力鍋が大活躍の秋でした。

家を建て替えて、まもなくの病棟への搬送以来、料理は週末に夫が・・・くらいの我が家。

遣わなさすぎなのか、コンロがいたんでしまって、リースに買い替え。

新しいコンロのグリルが使いやすく、焼き魚が出せるようになりました。

mixiでのお仲間の助けもあって、

レシピを教わったりで、リハビリもすすみ

前に通っていた作業所に顔ださせてもらって

基本調味料を教わって揃えたりで、

最近は、なかなか一人前です。

まあ、夫が在宅の週末は、私の家事は全面休暇なので、

診断書上は、まだ、自立途上のようですが。

先月からスタートした、ヘルプサービスも順調で

ちょっとずつちょっとずつ12年目にしてやっとです。

しんどかった。今もしんどいけど。

生きてるのが毎日、辛かった最低の2年を経て、

生還という感じです。

で、タイトルの素直なきもちですが。

ずっと仕事をセーブしてくれていた夫は、私を遊びに連れ出してくれてました。

テレビでみたあのお店にいこうとか

有休もとりやすかったようで、混むお店は、平日に連れていってくれてました。

私の誕生日も休暇をとってくれて、いつもよりちょっとリッチなお肉を買ってきて焼いてくれました。

今は、そんなことはなくなってしまいました。

そうね、ちょっぴり寂しいかもです。

将来・・・を明るく考えられるようになってきましたが

どんな仕事をしてるのだろう?

この辛い経験が社会の人の役に立つ・・・そんな仕事ができればいいのだろうか。

それは思い上がりだろうか。

手相の鑑定士さんも、四柱推命の先生も、あと2,3年でよくなるよって言ってくださいます。

生年月日からの鑑定と、手をみての鑑定がほぼ合うのって、なんだか深いなあと思いますが。

以前の私は、よくなって年金が出なくなったら、私は何をして生きていけばいいのだろうかと

思ってました。

そう、つい前回の精神科受診の日も、年金がでなくなったときのための貯蓄、運用を考えてると主治医に話して

ずいぶんとあきれた顔をされてしまいましたっけ。



生きてたらいろんなことがあります。

ぜったいにこうでないとならないことなんてないし

けっこうなんとかなるもんだし

いただいた命をありがたく、日々、感謝して通らせてもらいたいです。

話があちこちに飛びますが。


お仕事疲れの夫も漢方どうかなと思うのですけれどね。

レコードの趣味がやめられないようです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 体調が悪いと思考にも響きますね | トップ | ヨガのメルマガを解除しました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む