香川の里山ハイキング

週末に香川の里山をハイキングします

イワウチワが咲く岡山森林公園

 | Weblog

高山植物のイワカガミとイワウチワ。イワカガミは、石鎚山の鎖場付近で見ることができるが、イワウチワは四国では見たことが無い。以前、岡山県鏡野町の森林公園へ水芭蕉を見に行った時に、山に上がり,下山中に偶然イワウチワを見て以来見つからない。前回訪れた時、山歩きの後半にすずのこ平の尾根上に群生がある事をすれ違った登山者に聞き、そこに向かったが、持参したお茶が無くなり途中で谷の水をペットポトルに汲んですずのこ平に向かったが、断念し下山した。今回そこへ妻と一緒に最短コースで登り、イワウチワを見つけようという事で話がまとまり朝7時前に家を出発し善通寺インターから高速道路に上がった。そして中国道院庄インターで高速道路を下り、森林公園に向かった。途中で昼飯の弁当を調達する為にコンビニを探したが1つも無い。そのまま進み奥津湖総合案内所に寄った。しかし、売店営業は9時からと言う事で、お弁当を手に入れることが出来なかった。そして9時前には森林公園に到着した。しかし第一駐車場は満車。少し離れた第二駐車場に車を止めて、そこから公園入口にある管理棟に立ち寄った。そして花の開花情報を得た。イワウチワは予想通りすずのこ平の尾根上に咲いているという。そして、カウンターの上にはお弁当を並べてあった。そのお弁当を調達して出発。すぐに目に入ったのは自生のザゼンソウ。

そして、その先に進むと水芭蕉。

前回5月の連休に訪れた時は、ほぼ終わりかけていたが今年は雪解けが遅かったせいで、今が水芭蕉の見頃であった。そして足元にはつくしが一ぱい。

そしてリュウキンカ。

樹木はまだ冬の様相で枝に芽をつけているだけ。そこに、タムシバの白い花。

例年この道筋を左側から登り尾根筋を回っていたが、今年は残雪が多くて通行止めになっていた。計画通り、右側から回る最短コースを選択し、目的のイワウチワを探しに案内板に従ってすずのこ平を目指した。途中、大山桜や

六本杉

根曲り杉、

そしてブナの原生林が茂る奥ぶなの平を経由して

すずのこ平を目指した。

尾根道に上がると屋根の低い非難小屋があった。

足元にはエンレイソウ。

そしてすずのこ平に到着した。

この公園は広大で散策や登山コースも無数にあるため、駐車している車の台数の割には人に会わない。しかし、すずのこ平には先客が3組いて、まだ11時前というのにそれぞれが食事をしていた。中にはガスバーナーとフライパンを持ち込みステーキを焼いていた。山頂は風が強くて、少し山火事に心配があった。ここからの展望は良く、大山南壁や

倉吉の町並みが見えていた。

今日はまだ、イワウチワを見ていない。しかし、ここで私たちもお弁当を食べた。少し休憩した後、尾根道を下って進んでいった。すると、妻が、ピンクの花を見つけて、「イワウチワ」と叫んだ。近づくと、四国でもよく見かけるショウジョウバカマが咲いていた。

頂上から既に500Mほど下った。すずのこ平の周辺と聞いたのに見過ごしたかと不安がよぎった。すると今度は、かれ草の間から覗かせるピンクの花を見つけた。

近寄ってみると、まぎれもないイワウチワであった。

周辺をみるとあちらこちらにピンクの花が見つかった。しばらくそこに立ち止まり写真を撮る。しかし、これを群生地と呼ぶのか。首をかしげながら進んだ。するとその先の登山道横には無数のイワウチワがピンクの花を寄り添うように咲かせていた。

なるほど、ここが群生地なのか。しかし、始めて見た場所とは全然違っていた。ならば前回見た場所はどこだったのだろうか。コルまで下りると前回諦めて下山を決断した場所に着いた。妻に相談すると熊押し滝が見たいと言うので尾根道をそのまま進み途中から下山コースを使って熊押し滝に行くことにした。サンカヨウ

尾根道のアップダウンを2回繰り返すと非難小屋があった。ここでも2組が食事をしていた。このまま進むと前回お弁当を食べた千軒平方面に行くが、今日は熊押し滝を見る事で、小屋の横から下山する中央道を選び、下山した。この道は急坂であるが、管理棟の前の道をまっすぐ進むとこの坂道に来るらしくて、多くの方が登ってきていた。なかには老夫婦の観光客が道を間違えた様に、息を切らして上がってきている。坂の中間で何やら群生がある。近づくとイワウチワの群生であった。

そうか、最初に見た場所はここであったのか。そういえば見覚えがある。写真を撮ってると4~5人の家族ずれが2組、下山してきたが見向きもせずに通過して行った。花に興味が無いのかなと思った。そして、熊押し滝を見る。6段滝だが、規模は小さい。

谷沿いには残雪が多く残っていた。

ネコノメソウ。

しかし、今日は前回訪れた時に見た多くの花をまだみていない。

キンキエンゴグサ。

諦めかけて管理棟に向かっていると、キクザキイチゲや

サンインシロカネソウやこれまで見ていないハシリドコロを見つけ

前回並みの多くの花を見ることが出来た。そして、低空をヘリコプターが爆音を出して近づいてくる。そして管理棟よこには消防車が2台。山家事?。周辺の方々が、尾根道で老人が怪我をして119番したようだ。そして自力下山が不可能でヘリコプターを要請したようだ。その後、我々は奥津温泉に行くことにした。途中、七色樫を見た。

そして日帰り温泉に入り帰路に着いた。今日の歩行距離は6KMで標高差は250Mなのに、累積標高差は900Mもあった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ストックが役に立たない二ツ岳 | トップ | 金山寺山と愛宕山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL