広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「morning call」は、和製英語だよ!

2016-11-02 15:03:36 | 語学学習
 つい最近、生徒さんの一人に海外旅行のための英会話を教えていた時のことでした。ホテルのフロントで「7時にモーニング・コールをしてもらえますか?」を英語でどう言ったらいいですか?と聞いてみたら、彼女は、モーニング・コールが和製英語だと知ってて、「Could I have a wake-up call at seven?」と答えてくれました。彼女が正しく答えてくれたので、何だか嬉しくなりました。

 そうなんです。英語では「wake-up call」と言うんです。だから、「morning call」と言っても通じません。「なんだ。そんなことは知ってたよ。」と言う人がけっこういると思いますが、念のために書いてみました。

 ついでながら、「Could I have~?」は、「~をもらえますか?」という意味なので、いろいろな場面で使えます。例えば、「Could I have a blanket?」(毛布をもらえますか?)、
「Could I have two hambergers?」(ハンバーガーをふたつもらえますか?)など、飛行機内とかハンバーガー・ショップなどで使える英語表現です。機会のある方は、参考にして下さいね。

 英語のことでさらに詳しくいろいろなことを知りたい方は、どうぞ習いに来て下さい。その際は、まずご連絡下さい。(連絡先は、僕のホーム・ページをご覧下さい。ブログ内のスクール情報はこちらをクリックして下さい。)

 それでは、今日はこの辺で。
ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 英語を使い過ぎ(その 33) | トップ | 英語を使い過ぎ(その 34) »

コメントを投稿

語学学習」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。