Coro'11

ルネサンス時代の合唱曲を中心に歌う女声アンサンブル。 

4月19日(水)

2017-04-22 | 練習後記
清水スタジオにて、8名+男子部員

先日8日に行われたChor'99との混声合同練習時の録音CDを客観的に聴いてみました
その後体操発声

「I Love,Alas,I Love Thee」(T・Morley)
「O Grief,E'en On The Bud」(T・Morley)
「Those dainty daffadillies」(T・Morley)
「The Silver Swan」(O・Gibbons)
「Now is the Month of Maying」(T・Morley)

前日、衣装の件で日暮里まで足を運んでもらったKochanとN美さんから報告を受け、
2種類の試着品を検討
いろんな意見を出しながら決定した一着
その後各自の採寸
名古屋のHちゃんからのお返事を頂戴したら発注というはこびに。。

この日は歌と会議?が半々になってしました~
早いものであと2か月ちょっと・・
皆さん、配布されたチケットを捌いてくださいませね

本日のおやつ


次回5月10日(水)も12時から清水スタジオです

by Kochan&ゆ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月5日(水)

2017-04-06 | 練習後記
清水スタジオにて。
参加者は6名➕男子部員。

開花宣言から初の練習。
衣装をどうするか、の話もあり少し早めに集まりました。
(その前に増上寺でお花見をしてきた人もあり。)

話し合いもほぼ終わり、ラジオ体操中にChor'99指揮者さんご来室
発声からご指導いただきました
鼻腔の奥を開ける状態で力を抜いた声の出し方で
聴きあって響きを揃える、そんな発声の流れでまずは一曲目

「I Love,Alas,I Love Thee」(T・Morley)
いろいろ指摘されましたが、総合的には開放的な顔で、ということでした
けど思っていたほど悪くなかったらしく、重点的に練習されたんですか?と
いえいえ、そんなこともないですよ~♪

「O Grief,E'en On The Bud」(T・Morley)
一曲目同様、パート毎に揃える練習も・・
後半のしっとりとした部分は弦楽器のように、子音は軽めにし母音で歌う感覚で。

「Those dainty daffadillies」(T・Morley)
言葉の箇所はとにかくレガートで。
falala・・の[F]は奥で鳴らす感覚。八分音符は軽やか&縦の動きを合わせるように。

「Now is the Month of Maying」(T・Morley)
全体に言えること、頑張りすぎない、力をぬいて♪
言葉の箇所はなるべくノーブレスでレガートに。

「The Silver Swan」(O・Gibbons)
7小節からのフレーズは軽く(同様に14小節からも落ち着いて)
なるべく長い息で横に歌えるようにしたいもの(カンニングブレスを上手に・・)

「In dulci jubilo」(M・Pretorius)
女声だけの曲も歌って~のリクエスト?にダブルトリオ状態で・・
アルトの二人は頼みの綱が欠席で、不安がってるとChor99指揮者さんも助っ人参戦w
つい先ほどまでのマドリガルと同じような歌い方をしてしまったら、
言葉のメリハリや段落ごとでの歌い分けをアドバイスされ・・(これは「ゆ」に対しての指導でしたね)

本日のおやつ。


次回8日(土)は13:30よりBumBにて混声合同練習です

by kochan&ゆ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月15日(水)

2017-03-16 | 練習後記
清水スタジオにて。
出席は8名➕男子部員。

ここんとこ欠席者が立て続き、なかなか三声以上の曲が出来ず混声曲ばかりでしたが、
今回やっと?他の曲も歌うことが出来ました~♪

「O Grief,E'en On The Bud」(T・Morley)
「Those dainty daffadillies」(T・Morley)
「The Silver Swan」(O・Gibbons)
「I Love,Alas,I Love Thee」(T・Morley)
「Now is the Month of Maying」(T・Morley)

「In dulci jubilo」(M・Pretorius)
「Though Philomela lost her love」 (T・Morly)
「Da cosi dotta man」(Giovannni Pierluigi da Palestrina)
「Pastaime with good Company」(HenryⅧ)
「Madonna nui sapimo bon giocare」(G・Nola)

思いだし程度の感じでしたが、改めてフレーズ確認等が出来て良かったです!

本日のおやつ


次回4月5日はChor'99指揮者さんが単独指導にいらっしゃいます
8日の混声合同練習の前に女声だけの特訓?!
なんだかんだで本番まで3ヶ月ちょい・・・ガンバっていきましょ~^^☆

4月5日(水)も12時から清水スタジオです

by kochan&ゆ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月1日(水)

2017-03-03 | 練習後記
清水スタジオにて。
参加者は7名➕男子部員。

ラジオ体操後、前回2月25日合同混声曲練習時の録音CD(全曲通しの部分)を聴いてみる
客観的に聴くことで、それぞれ反省点改善点を・・

「Pastaime with good Company」(HenryⅧ)
発声替わりにさくっと・・
久々だったせいか、次の歌詞は?の瞬間、ちょいと乱れが~~^^;

「O Grief,E'en On The Bud」(T・Morley)
「Those dainty daffadillies」(T・Morley)
「The Silver Swan」(O・Gibbons)
「I Love,Alas,I Love Thee」(T・Morley)
「Now is the Month of Maying」(T・Morley)

演奏会での曲順も決められました
この5曲がワンステージ
アンコールは自信をもって歌い上げられる曲ですよね、
どれになるだろう。。。。。
各自に当日練習時録音CDが配布されたので、指揮者さんの指摘等、復習をよろしく~♪

「Madonna nui sapimo」(G・Nola)
歌い納めにさらっと・・・♪

本日のおやつ。名古屋在住はまちゃんからのおみやげ「なごや嬢」が入ってます。


次回3月15日(水)も12時から清水スタジオです

by kochan&ゆ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月15日(水)

2017-02-15 | 練習後記
清水スタジオにて。
参加者は7名

欠席者&遅刻者がSOP.だったため、しばらくひとりSOP.状態。。。
なのでアルト特訓日にしちゃいました~^^♪

「The Silver Swan」(O・Gibbons)
同音で母音が変わる最初の4拍目、和音も変化し第五音を担う音、響きが下がって聴こえるとダメダメ~
かなり気を付けないとキレイな響きになりませんよね
た~っぷりの息を必要とするこの曲、ポピュラーな曲だけに、ハーモニーが乱れると台無し

「Those dainty daffadillies」(T・Morley)
falala・・以外の横に流れる旋律、これも同音の歌い方
歌詞で入れたり抜いたりも、響きが落ちないよう気を付けながら・・
パート内でばらつかないようよく聴きあって~♪

「O Grief,E'en On The Bud」(T・Morley)
長音、他パートの動きに左右されないよう二度に響きを丁寧に聴かせて
全体的に次の響きも予測可能になっているので、やはりパート内での自分の声位置を感じとりましょう

「I Love,Alas,I Love Thee」(T・Morley)
この曲が一番歌詞が少ないので、楽譜を外しての練習にも取り掛かりました
出のタイミングは指揮者の全責任ということで。。^^;

「Now is the Month of Maying」(T・Morley)
一番語彙が多く、フレーズの頭がすぐに出てこなかったり・・が悩みの種
憶えるぞ!としっかりその気で臨まないと。。ですね

いつも聴こえてくる男子部員のベースが今日はなかったので、
ちょいと物足りない・・?!
有難味を痛感しますよね~

本日のおやつタイム


次回25日(土)は清水スタジオにて混声ステージ合同練習です

by Kochan&ゆ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加