“JQ2GWH” from Shizuoka

アマチュア無線、写真、MTB、猫、犬、黒鯛、キビレ、その他いろいろ綴っていきます。

【F1新車分析】ハースVF-17:攻めたマシン作りで、参戦2年目のシーズンは“ぬかりなし”

2017-03-21 03:40:33 | MotorSports
AUTO SPORT web F1によると

技術ウォッチャーの世良耕太氏が、
2017年のF1新車、ハースVF-17の
気になるポイントを解説。
参戦2年目とは思えない、
オリジナルティを発揮した
空力処理が印象的だ。

 ハースVF-17は、とても参戦2年目の
若いチームが送り出すマシンに見えない。
トレンドを追いかけている部分もあるが、
オリジナリティが発揮されている部分もある。
総合的には、とても攻めたマシンとの印象を受ける。

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

昨シーズンは散々な結果で終わりましたが、
今シーズンは是非トップ集団に加わって欲しいです。
デザインも参戦2年目とは思えない工夫が
ある様で、もしかしたら速いのかもしれません。
ルノーと戦うのかウィリアムズと戦うのか、
それともメルセデス、フェラーリと戦うのか、
少し楽しみです。v( ̄ー ̄)v
ジャンル:
おもしろい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スペイン人ライターのF1便り... | トップ | ホンダF1「開幕戦に向けいく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。