“JQ2GWH” from Shizuoka

アマチュア無線、写真、MTB、猫、犬、黒鯛、キビレ、その他いろいろ綴っていきます。

小林可夢偉 「タイヤ無交換でのダブルスティント走行はリスクがあった」

2016-10-17 04:22:01 | MotorSports
F1-Gate.comによると、

今回はF1の記事が無いので、WECの記事を・・・

小林可夢偉が、今シーズン初優勝を
果たしたWEC 富士6時間レースの
決勝レースを振り返った。

最終ドライバーを務めた小林可夢偉は、
残り44分を切ったところで迎えた
最後のピットストップでタイヤ
無交換作戦をとり、タイヤ交換に
費やす時間を省いて首位に躍進。

ライバルが新品タイヤに交換し、
猛烈なペースで追い上げて来たが、
小林可夢偉は摩耗したタイヤでも
ペースを堅守。

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

やりました!!!
ホームでの勝利♪♪♪
フェラーリコルセから移籍して良かったですね。
あと2戦もこの勢いを続けてガンバッテ欲しいですね。
v( ̄ー ̄)v

MotoGPもガンガンアップされていて、
録画を観るワクワクも無く・・・
インスタでも結果をガンガンアップする方もいれば・・
フォローをやめようか・・・
FBでも結果をガンガンアップするのはやめませんか?
(-。-;)
私も今回、結果をアップしましたが、
少なくてもタイトルには書きませんけど(-_-;)
『うれしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年 F1ドライバー:各チー... | トップ | パスカル・ウェーレイン、フ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。