“JQ2GWH” from Shizuoka

アマチュア無線、写真、MTB、猫、犬、黒鯛、キビレ、その他いろいろ綴っていきます。

メルセデス、スタート問題解決のためにレーシンググローブを改良

2016-10-12 03:57:53 | MotorSports
F1-Gate.comによると、

メルセデスは、ルイス・ハミルトンと
ニコ・ロズベルグが“取り扱うのが
難しい”とするクラッチに関連する
問題を改善するための一部として
レーシンググローブを改良した。

ルイス・ハミルトンは、F1日本GPでも
スタートで出遅れており、最終的に
3位まで挽回したものの、ターン1までに
2番手から8番手まで順位を落としている。

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

(ノ゜⊿゜)ノびっくり!!
グローブが原因ですか???ヽ(~~~ )ノ
クラッチミートはシューズが原因もあるのでは?
現代のF1は昔と違い、クラッチペダルはほぼ
無縁ですから、やはり手がすべてなのでしょうか?
それにしても操作しにくいグローブって今頃???
もっと早く対策していたら?もっと安定した
スタートが切れたかも??
無いですねーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
単なる言い訳っぽく聞こえますが???
(;´∀`)
私的にはあの白が原因とも思えますが・・
(; ̄ー ̄川
ジャンル:
びっくり
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キミ・ライコネン 「ブルーフ... | トップ | マックス・フェルスタッペン ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。