“JQ2GWH” from Shizuoka

F1,BMW R1200RSで行くツーリング,アマチュア無線,猫,その他いろいろ綴っていきます。

レッドブルF1代表「フォース・インディアのカナダでの強さはコース特性との相性によるもの」

2017-06-18 04:10:55 | MotorSports
AUTO SPORT web F1によると


 レッドブルF1チーム代表の
クリスチャン・ホーナーは、
フォース・インディアがカナダGPで
もたらした脅威は、彼らとレッドブルが
直接のライバルだからというよりは、
「コースの特性によるもの」だと考えている。

 先週末のカナダGPで、
フォース・インディアの
セルジオ・ペレスとエステバン・オコンは
表彰台獲得を目指し、3番手を走行していた
レッドブルのダニエル・リカルドを
追いかけていた。

 ふたりはリカルドを追い抜くことは
できず、フェラーリの
セバスチャン・ベッテルに追い抜かれて
5位、6位でフィニッシュとなった。

 この結果によりフォース・インディアの
合計ポイントは71となり、
コンストラクターズ選手権4位の座を
強固なものにした。しかしホーナーは、
彼らがリカルドに挑戦できたのは、
カナダGPのコースがメルセデス製
パワーユニットを積むフォース・インディアの
マシンと相性がよかったためだと考えている。

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

やはりメルセデス、フェラーリの
ファクトリーより力不足なのでしょうか?
コースレイアウトがマッチしたので、
ポディウムを狙えたのでしょうか?
強いチームはコースレイアウト関係なく
速くなければなりません!!!
是非来シーズンは強くなり、トップ争いを
演じて欲しいと思います。
新たなスポンサーを獲得して、
カラーリングも楽しみです。v( ̄ー ̄)v
ジャンル:
くやしい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マクラーレンF1、“初めての”... | トップ | マグヌッセン、ハースF1の環... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。