“JQ2GWH” from Shizuoka

F1,BMW R1200RSで行くツーリング,アマチュア無線,猫,その他いろいろ綴っていきます。

F1戦イギリスGP FP2:好調メルセデス勢が再びトップ、アロンソは9番手

2017-07-15 03:40:51 | MotorSports
AUTO SPORT web F1によると

午後になってわずかに気温は
上がったものの、FP2の始まる午後
1時でも気温は16℃、路面温度も30℃に
とどまっている。シルバーストン名物の
強風がメインストレートでは背後から
吹いており、体感温度はさらに低い。 

 バルテリ・ボッタスの好調が止まらない。
開始後26分にルイス・ハミルトンが
スーパーソフトで最速タイムを叩き出すと、
その数分後にコンマ047秒上回る1分28秒496を
記録。アタックを続けたハミルトンは高速
ベケッツで縁石を激しくヒットし、タイム
更新はならなかった。

 3、4番手にはキミ・ライコネン、
セバスチャン・ベッテルが続くが、
メルセデス勢とのコンマ3~4差がなかなか
縮まらない。そこからさらにコンマ2~6秒遅れで、
マックス・フェルスタッペン、
ダニエル・リカルドのレッドブル勢。

 FP1で17番手に留まった
ニコ・ヒュルケンベルグが、一気に7番手。
しかしジョリオン・パーマーはスーパーソフトで
アタック中にターン7で派手にスピンを喫し、
18番手から順位を上げられなかった。

 マシンバランスが決まらないと、ベケッツ
攻略は難しい。カルロス・サインツJr.、
ストフェル・バンドーン、マックス・
フェルスタッペンらが飛び出し、中でも
サインツは車体下部にダメージを負い、
30分近くガレージにこもることに。

 さらに終了20分前には、ライコネンも
後ろ向きのままアウト側の草地まで飛び出し、
辛くもウォール寸前で止まった。

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

楽しいシルバーストーンが始まりました!!!
やはり今回も好調なバルテス君♪
ハミルトンも及ばないのか???
フェラーリも続いているが、コンマ3秒~4秒は大きいです・・・
ルノーもトップ争いに加わってくると面白いのですが。
マクラーレンは相変わらずトップ10に入れれば良い方です。
早くトップ争いに参加して欲しいです。。。。。
ウェザー関係はどうでしょう?また波乱が起きそうな
予感!!!
v( ̄ー ̄)v
ジャンル:
おもしろい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« F1新エンジンへの変更が1年前... | トップ | 「妨害行為はしてはいない」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

MotorSports」カテゴリの最新記事