“JQ2GWH” from Shizuoka

F1,BMW R1200RSで行くツーリング,アマチュア無線,猫,その他いろいろ綴っていきます。

F1オーストリアGP FP2:初日トップはハミルトン、僅差でベッテルが続く。アロンソも好調を維持 

2017-07-08 03:38:24 | MotorSports
AUTO SPORT web F1によると

 7月7日現地時間14時、
オーストリアGPのフリー走行2回目が
行なわれた。気温は30度、路面温度は
43度。ランチブレイクの間ににわか雨が
降ったが雨量はそれほどではなく、
あっという間にやんで路面は乾いた。

 開始直後は各車がソフトや
スーパーソフトを履いて走行開始。
マクラーレン・ホンダの2台はともに
整備作業続いておりコースインがやや遅れ、
FP1の途中から作業を開始していた
フォース・インディアのセルジオ・ペレス車も
作業が長引きコースインが20分ほど遅れた。
さらにフェルナンド・アロンソは走行開始から
7周でフロアを壊してピットに戻り交換作業を
強いられてしまった。 

 14時11分にはロマン・グロージャンが
ターン9でコースオフ、13時13分には
マーカス・エリクソンがターン6でグラベルに
飛び出してなんとかコースに復帰、14時26分には
バルテリ・ボッタスがターン6でスピン、
14時33分にはエリクソンが今度はターン1で
スピンと、午前中に続いてコースのあちこちで
マシンコントロールを失う場面が展開される。

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

今回は色々荒れる展開で決勝が楽しみです。
アロンソもFPでは8番手を記録して好調と言われていますが、
今までが低調過ぎて好調なイメージですが、
そもそもアロンソが8番手って・・・
相変わらずメルセデスとフェラーリの一騎打ちな
感じが予測されますが、決勝は荒れに荒れて
ピンクなマシンがトップチェッカーを受けたら
大盛り上がりですけど!v( ̄ー ̄)v
『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« F1エンジン会議にアストンマ... | トップ | アロンソのF1パワーユニット... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

MotorSports」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。