“JQ2GWH” from Shizuoka

F1,BMW R1200RSで行くツーリング,アマチュア無線,猫,その他いろいろ綴っていきます。

ベッテル「タイヤトラブルは突然の出来事だった」。F1タイトル争いに大打撃も「最悪の事態ではない」

2017-07-17 03:55:47 | MotorSports
AUTO SPORT web F1によると

フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、
F1イギリスGP決勝終盤にタイヤトラブルに
見舞われたことで、タイトル争いのライバル、
メルセデスのルイス・ハミルトンとの差が
20点から1点にまで縮まる結果となった。

 ベッテルは3番グリッドからスタート直後に
4番手に順位を落としたが、ピットストップで
ポジションを取り戻した。中盤以降は3番手を
走っていたものの、バルテリ・ボッタスに
抜かれて再び4番手に落ちた。

 レース終盤、2位を行くキミ・ライコネンの
左フロントタイヤにトラブルが発生し、
51周のレースの49周目に緊急ピットイン。
すると直後にベッテルの左フロントが
パンク、50周目にタイヤ交換をしなければ
ならなくなり、7位でフィニッシュする
結果になった。ハミルトンは優勝、
ボッタスが2位に続き、ライコネンが
3位でチェッカーを受けた。

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

今回、フェラーリにだけタイヤトラブルが
襲ったのでしょうか?
原因はなんだったのでしょうか?
トラブルが無ければ1-2フィニッシュ
だったのでしょうか?
PUに大差はないのでしょうか?
ポイント差も僅差に縮まりましたが、
今後のシリーズ展開が少し楽しみです。
v( ̄ー ̄)v
ジャンル:
くやしい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「妨害行為はしてはいない」... | トップ | バンドーン「入賞に届かずが... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。