“JQ2GWH” from Shizuoka

F1,BMW R1200RSで行くツーリング,アマチュア無線,猫,その他いろいろ綴っていきます。

2年目のハースF1、人員増強でデビューイヤーの課題解決へ

2017-04-06 04:07:28 | MotorSports
AUTO SPORT web F1によると

 ハースF1チームはF1参戦2年目の
シーズンを前に優秀なスタッフを
増員して体制を強化し、デビューイヤーに
露呈した弱点への対策を講じたと、
ロマン・グロージャンが語った。

 米国を拠点とするハースは、昨年F1への
デビューシーズンを強力なスタートで
飾った。グロージャンはバーレーンGP
では5位でフィニッシュするなど、
最初の4戦のうち3戦でポイントを
獲得した。

 しかしそれ以降、グロージャンが
トップ10圏内でフィニッシュできたのは
わずか2回にとどまった。新興チーム
としての弱点、つまりデータ分析や
レースウイークエンド中にセット
アップの問題を解決する能力といった
部分が弱いことが明らかになったのだ。

 チーム内でそうした弱点に対処
するために何か変更されたことは
あるかと聞かれてグロージャンは
次のように答えた。「それに
取り組んできた。問題をすべて
克服できることを願っている」

「チームの人材を増やした。
エンジニアが増えたので、
より多くの知識を得ることができる」

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

流石、ハース!!!参戦2年目から
簡単に人員や開発費を増加出来るのです。
実際、費用を増加して開幕戦はどうだったのでしょうか?
結果は????
トップ争いに参加出来ましたか???
まだ始まったばかりなので、暖かい目で見れば
良いのでしょうか?
是非後半戦までに進化し、トップ争いに
加わって欲しいと思います。
v( ̄ー ̄)v
『うれしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ルノーF1、バーレーンに“エキ... | トップ | マクラーレン・ホンダF1のバ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。