“JQ2GWH” from Shizuoka

F1,BMW R1200RSで行くツーリング,アマチュア無線,猫,その他いろいろ綴っていきます。

F1に標準パーツ導入の動き。コスト削減により競争力の均衡化目指すとCEOが発言

2017-08-14 04:04:06 | MotorSports
AUTO SPORT web F1によると

 F1のCEOを務めるチェイス・キャリーは、
コスト抑制のためにF1に標準
コンポーネントを導入する可能性を探っている。

 F1ではチーム間の予算格差が非常に
大きく、それが競争力のギャップに
つながっている。

「我々は各チームのコストの面に
注目している」とキャリーは説明した。

「我々の目標のひとつは、チームのみ
ならずこのスポーツ全体にとって利益と
なるように、コストを管理し抑制する
方法を見つける努力をすることだ。
そのためになにかしらの段階を経ていく
ことになる。コストに上限を設けるにしろ、
マシンの主要コンポーネントに目を向ける
別のやり方をとるにしろ、目標にたどり
着くのには多くの道筋がある」

「マシンを標準化することは考えていない」
とキャリーは主張した。

「このスポーツが競争と最先端技術の
結合である状態を維持することが非常に
重要であると思う。だからマシンの性能を
下げるようなことは目指していない。
だが一部のコンポーネントを標準化する
ことはできると我々は考えている」

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

最近のF1は強いチームがダントツに速く、
勝ち続ける傾向にあります。
昔からその傾向にはありますが、やはり、
レースの世界は誰が勝つかわからない方が
ファンは楽しめます。
DTM、NASCAR、INDYCAR他、毎回勝つチーム、
ドライバーは変わります。
そろそろF1もイコールコンディションに
近くなっても良いのではないでしょうか?
もう一度みんなで考え直してみましょう♪
v( ̄ー ̄)v
ジャンル:
おもしろい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「F1はV8エンジンには戻らな... | トップ | 2017年F1シーズン終盤の戦い... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

MotorSports」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。