“JQ2GWH” from Shizuoka

F1,BMW R1200RSで行くツーリング,アマチュア無線,猫,その他いろいろ綴っていきます。

ルノーF1、パワーユニット開発計画について説明。「レッドブルの見解は間違っている」

2017-05-25 04:17:49 | MotorSports
AUTO SPORT web F1によると

 ルノーは、F1パワーユニットの
開発計画に関するレッドブルの
見解は「間違い」だとして、
2017年から2018年にかけての
プランについて明かした。

 レッドブルは、2017年シーズン
開幕戦オーストラリアGP終了後、
ルノーの大きなアップグレードを
6月のカナダGPまで待たなければ
ならないがこれが今シーズンの
チーム躍進にとって鍵となる、
と発言していた。

 一方、ルノー・スポールF1の
マネジングディレクターである
シリル・アビテブールは、今月初旬に、
アップグレードの導入時期について、
信頼性への懸念に対応するため
「夏休み前」の3基目のユニットへの
切り替え時期に合わせたいと述べた。
つまり、7月中の投入を目指して
いるということになる。

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

双方で意見が違っているみたいですが、
早急にお互い摺合せを行い、
しっかしたプランにのっとり、
確実なアップデートを完了させて欲しいです。
ファンはイエローマシンがトップを
快走する姿を待っています!!!
v( ̄ー ̄)v
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バトン「F1モナコGPでは前戦より良い結果が出せる」。2度目のアップデートで好成績を期待

2017-05-24 04:02:43 | MotorSports
AUTO SPORT web F1によると

 ジェンソン・バトンは、
マクラーレン・ホンダのアップデートは
大きな進歩を確約するものであり、
今週末に参戦するF1モナコGPでは
成功を収める自信があると話している。

 2016年シーズン末をもって休養に
入ったバトンは、今季マクラーレンの
リザーブドライバーを務めている。
フェルナンド・アロンソがインディ500
参戦のためモナコGP欠場を決めたことから、
今週末一度かぎりのF1復帰を
果たすこととなった。

 マクラーレンはスペインGPに
アップデートの第一段階を投入。
このパッケージはモナコGPで完成と
なるが、前戦スペインGPではアロンソが
予選7位を獲得している。22日に
マクラーレン・テクノロジー・センターで
行われた「ワールド・ファステスト・
ゲーマー」コンテストのプロモーション
イベントで、バトンは次のように語った。

「バルセロナの予選で、フェルナンドが
パフォーマンスを発揮するところが
見られたのは素晴らしく良いことだった。
予選7位になるなんてすごい進歩だ。
彼の走行が素晴らしかったことには
間違いないが、チームがどれだけ
改善したかを証明した」

「大きな前進だよ。どれだけかは
わからないけれど、ダウンフォースに
大きな改善があった。モナコでもまた、
新たな進歩がある。フォンジー
(アロンソ)がバルセロナで予選7位なら、
モナコでの僕らはもっといい
結果を出せるはずだよ」

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

バトンはリザーブドライバーを務めているので、
ここで召集がかかりました。
しかし、いくら前線で7位に入ったとは言え、
次回はあのモナコです。
ストップアンドゴーとPUが物を言うレイアウトで
難しいと思います。
しかも、すべては予選順位が肝心なコースです。
トータルでトップレベルではないと難しいです。
しかし、少しは期待しましょう。
Fight!!(o^-^)尸~''☆ミ☆ミ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レッドブルF1「新型タイヤ開発テストに参加したことで混乱が生じた」今季低迷の原因を分析

2017-05-23 03:52:59 | MotorSports
AUTO SPORT web F1によると

レッドブル・レーシングのチーム代表
クリスチャン・ホーナーは、昨年ピレリの
2017年用タイヤのテストを行ったことで
マシン開発の方向性を誤った部分があると明かした。

 今年ピレリがタイヤを大幅に変更
するにあたり、メルセデス、フェラーリ、
レッドブルがテスト専用にモディファイした
“ミュールカー”を使い、昨年を通して
テストを行った。他のチームが不利に
ならないよう、このテストではチームに
詳しい情報を与えずに走行させ、テスト結果は
全チームで共有するとピレリは約束したが、
それでも参加チームはアドバンテージを
得たとの声が他チームから上がっていた。

 しかしホーナーは、テスト用マシンで
走行した上で予想していたタイヤの性能と
最終的に採用されたものが幾分異なって
いたとして、それがシーズン序盤に
レッドブルのマシンパフォーマンスが
優れない原因のひとつであると述べた。

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

そうかー代表はタイヤテストが原因で
パフォーマンスが上がらないと発言しているが、
本来、そのテストは原因の一つとしては
考えられるかもしれませんが、名言は
しない方が良いですね・・・・
しかし、レッド・ブルが連勝を重ねるのも
楽しくないのですが、ここまで低迷するのも
楽しくないです・・・
シリーズによって極端過ぎます・・・
(-。-;)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マクラーレン、次戦F1モナコGPで2度目の大幅アップデート投入を計画

2017-05-22 03:49:52 | MotorSports
AUTO SPORT web F1によると

スペインGPでの大幅な進歩で自信を
得たマクラーレン・ホンダF1チームは、
モナコGPで2度目の大規模アップデートを
計画している。

 新たなウイング、フロア、その他の
ボディワークが助けとなり、前戦
スペインGPではフェルナンド・アロンソが
予選で今季最高のパフォーマンスを発揮し、
7番グリッドを獲得した。

 新パーツのパフォーマンスは、
チームの風洞とCFDデータが良好な
相関関係にあることを証明。以前は
この部分がチームの弱点であったため、
今回の進歩はさらなる後押しとなった。

 マクラーレンでレーシングディレクター
を務めるエリック・ブーリエは、
こういった要素によって次に持ち込む
アップデートパッケージがどれほどの
パフォーマンスを発揮するかという
点において、自信が高まったと語っている。

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

今回はマクラーレン側の空力アップデートです。
前回では大幅な進歩で自信を得たとはいえ、
ポディウムへは立っていません・・・
今回はどこまで躍進出来るのかが期待されます。
残るはPUの力です!!!!
是非頑張ってポディウムを目指して欲しいです!
v( ̄ー ̄)v
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハースF1、VF-17の新カラーリングを発表。モナコGPから採用

2017-05-21 03:54:44 | MotorSports
AUTO SPORT web F1によると

ハースF1チームが、モナコGPから
マシンカラーリングを変更することを決め、
そのデザイン画像を公開した。

 グレーにレッドを配したカラーリングを
使用しているVF-17は、モナコ以降はリヤの
アクセントとハースのロゴの部分を除いて、
レッドの部分が光沢のあるグレーに変更され、
ほぼ全体がグレーのデザインとなる。

 FIAは全チームに対し、スペインGPから
マシンにおいてカーナンバーとドライバー名を
より見やすく表示するよう求め、サイズ、
位置などを指定した。マシンを正面から
見たときにはっきり見える形でフロントに
カーナンバーを表示し、マシンサイドには
カーナンバーかドライバー名を示す略称を
配置しなければならない。
 
 チーム代表のギュンター・シュタイナーは、
この新たな規定の導入をきっかけにマシン
全体のカラーリングの見直しを行ったと
示唆した。新カラーリングは今季末まで
採用するという。

「今年いっぱいこれを使用する。
ナンバーのサイズと位置が変わった
ことに伴い、マシン全体の視認性を
もう少し高めることを考えた」と
シュタイナーは説明した。 

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

全体的にマットブラkックなイメージは
変わらないが、ホワイトのアクセントが入った事で
全体的に引き締まって見えます!!!
ゼッケンとドライバー名が見えやすくするのは
走りには影響はありませんが、この変更で
パフォーマンスも向上する事を期待します・・・
Fight!!(o^-^)尸~''☆ミ☆ミ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フォース・インディアF1、ランキング4位の座を固めつつも、マクラーレン・ホンダらライバルたちを警戒

2017-05-20 03:59:16 | MotorSports
AUTO SPORT web F1によると

現在ランキング3位のレッドブルとの
ポイント差を縮めつつある
フォース・インディアだが、現実的に
考えて今年の目標は選手権4位であると
示唆した。フォース・インディアは
すでに後方に大きなギャップを築いて
いるものの、ライバルたちの
追い上げを警戒している。

 スペインGPではセルジオ・ペレスと
エステバン・オコンの両ドライバーが
力強い走りで4位、5位に入賞。大量得点を
果たしたフォース・インディアは、
コンストラクターズ選手権でレッドブルに
わずか19ポイント差のところまで迫っている。

 レッドブルF1チーム代表のク
リスチャン・ホーナーは、
フォース・インディアの挑戦について次の
ように述べている。「我々はこの2、3戦で
2台ともそろってフィニッシュさせることが
できていない。彼ら(フォース・インディア)
は良い仕事をしているね」

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

クリスチャン・ホーナーにお褒めのお言葉を
頂くとは光栄です。
フォース・インディアも暫くポディウムから
遠ざかっていますが、もう少し改善すれば
ポディウムも夢ではないと思います。
あと何が不足しているのでしょうか?
シャシーデザイン?空力バランス?
PU性能?総合的なバランスで走りは決まりますが、
きっちり決まるのはいつになるのでしょうか?
少し期待しましょう♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ルノーF1、スペインGPでの「奇妙なパフォーマンスの変化」に困惑

2017-05-19 03:59:01 | MotorSports
AUTO SPORT web F1によると

スペインGPでルノーF1チームは、
2017年シーズンで初めて予選よりも
決勝の戦闘力が上回り、チームは
「奇妙なパフォーマンスの変化」に
困惑している。

 ルノーは冬の間に大幅に前進を遂げ、
今年から新たにチームに加入した
ニコ・ヒュルケンベルグは、
開幕からの5レースでルノーが
ワークスチームとして復活した昨年の
1シーズンよりも、すでに多くの
ポイントを獲得している。

 開幕から4レースの週末において、
特にバーレーンではドライバーが
2人そろってQ3に進出するなど、
予選では強力なパフォーマンスを
発揮してきたが、決勝でのレースペースは
印象の薄いものだった。

 バルセロナの予選では
ヒュルケンベルグが13番手、
ジョリオン・パーマーが17番手。
しかし決勝では、ヒュルケンベルグが
抜群のスタートで7位まで順位を上げると、
賢明な戦略により、混乱のレースで
6位フィニッシュを果たした。

「我々にとっては奇妙な週末だった。
いつもなら予選順位が良くても、
日曜日には厳しい状況に陥るからだ」
とルノーのマネジングディレクター、
シリル・アビテブールは語った。

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

予選よりレースペースの方が速く走れる事に
チームが困惑している様です。。。(;´∀`)
普通は予選のペースは全力で走行するので、
本戦は少しパフォーマンスが落ちるのです。
しかし、ルノーはその逆らしいのです。
しかもチームは原因がはっきりとは
わかっていないそうで(;・∀・)
ドライバーのパフォーマンスもその
原因のひとつではないでしょうか?
とにかく今シーズンはフィニッシュ順位が
上がっていることを賞賛し、不思議ですが、
その原因を早く解析し、今後に役立てて欲しいです。
v( ̄ー ̄)v
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

F1モナコGP 20人のタイヤ選択発表。1戦限定復活のバトンのみソフト寄りの選択

2017-05-18 03:50:25 | MotorSports
AUTO SPORT web F1によると

 F1公式タイヤサプライヤーの
ピレリが、第6戦モナコGPにおける
各ドライバーのタイヤ選択を発表した。

2017年シーズンからタイヤサイズが
大幅に変更されたため、開幕5戦は
ピレリがすべてのドライバーに対して
同じ内訳のタイヤセットを供給してきた。
しかし今週末に開催される第6戦
モナコGPからは、昨年と同じように
各ドライバーがレース週末に使用する
タイヤセットの内訳を自分で選択
できるようになる。

 モナコGPのためにピレリが
選択したのはイエロー・ソフト、
レッド・スーパーソフト、そして
パープル・ウルトラソフト。全員が
決勝用に取っておかなければ
ならないのはスーパーソフト1セット
およびソフト1セットで、このうち
少なくとも1セットは決勝で
使用する必要がある。

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

アロンソの代役で走るバトンにも
注目ですが、今回、特別に選択できる
タイヤコンパウンドにも注目です。
ストップ&ゴーを繰り返すモナコでは
空力よりタイヤが重要視されます。
各チーム、タイヤ選択で悩むとは思いますが、
最重要は予選です!!!
オーバーテイクがほぼ無理なモナコでは
予選順位が基調です。
あとはピット戦略です。。。
キミ様に期待しましょうv( ̄ー ̄)v
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

F1 Topic:ウェーレインがモニシャにプレゼントした8位入賞以外のもの

2017-05-17 03:49:20 | MotorSports
AUTO SPORT web F1によると

 ザウバーのパスカル・ウェーレインが
見事な1ストップ作戦を成功させ、
自身最高位となる8位に入賞した。
レース後、ザウバーのモーターホーム
ではシャンパンが振舞われ、シーズン
初ポイントを喜んでいた。 

 その歓喜の輪の中にいた
モニシャ・カルテンボーン代表は、
次のようにF1スペインGPの8位入賞を
評価していた。

「この結果は私たちにとって、
4ポイント以上に重要な意味を持ちます。
なぜなら、私たちは新しいレギュレーション
となった今シーズン、開幕戦から厳しい
状況が続いていました。私たちのような
小さなチームにとって、レギュレーションの
変更は有利には働きません。それでも、
ファクトリーの開発陣は冬の間にとても
いい仕事をしました。」
「もちろん、ライバルたちに追いつくために、
まだまだ改良しなければならない部分は
たくさんあります。そのために、現在も
開発を続けていますが、結果が出ないと
自分たちの開発に自信が持ちないものです。
今回の結果はによって、自分たちの開発の
方向性が間違っていないことが確認でき、
次のモナコGPには投入する予定の新パーツの
出来が楽しみです」

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

やはり弱小チームのポイント獲得は
F1にとって大きな出来事でしょう。
ザウバーもその一つです。
以前はチーム存続の危機にまで追いやられ、
何とか立ち直りシリーズへ立ち向かっています。
今回も1ピットストップ大作戦でポイントを
ゲットです。以前はよく見られた作戦でしたが、
現在はタイヤが持たない傾向にあるので、
珍しい事です。しかし、それを成功に
導きました。
今後のアップデートも含め楽しみです!!!
v( ̄ー ̄)v
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アロンソ「接触で入賞を逃したんじゃない。速さがなかった」マクラーレン・ホンダ F1スペインGP日曜

2017-05-16 04:12:24 | MotorSports
AUTO SPORT web F1によると

今日のレースは計画どおりにはいかなかった。
(スタート直後の)ターン2でフェリペと
接触したこと、レース中盤に何周も
ダニール(・クビアト)の後ろで
足止めされたことは少しついてなかった。
でもそういったことがなかったとしても、
僕らには今日、ポイント圏内に入れるだけの
レースペースはなかったと思う。

 少しがっかりしているけれど、少なくとも
完走はできた。信頼性が向上する、最初の
兆しであることを願う。次のグランプリに
向けて、しっかり準備を整えていこう。

 明日の午前9時にはブリックスヤード
(インディアナポリス)に着いて
いなければならない。午後12時から最初の
プラクティスが始まり、マシンに乗り込むんだ。
14時間は休めるけど、そのうち9時間は
飛行機のなかだ。これからインディ
モードに切り替えて、2週間の間は
インディに気持ちを集中させる。

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

今回は少し進化した感じで報道されていましたが、
まだまだまだまだ上位を走れるマシンでは
ありません。。。。
やはり中団で揉まれるので、接触も増えるのだと・・・
今後はトップ集団を走れる様に進化を期待します!
脳は切替え、インディで是非活躍して実績を
残して欲しいと思いますが、やはり経験豊富な
他の選手が断然有利かと思います。
が、ドケドケ~精神で掻き分けてトップを快走
して欲しいと思います!!!
v( ̄ー ̄)v
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【動画】フェラーリ、号泣少年を招いてライコネンと笑顔でツーショット/F1第5戦スペインGP

2017-05-15 03:58:26 | MotorSports
AUTO SPORT web F1によると

 2017年F1第5戦スペインGP決勝、
スタート早々アクシデントに見舞われ
リタイアを喫してしまったキミ・ライコネン。
その様子を見ていたフェラーリファンの
少年が号泣してしまった。

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

今回は1コーナー出口でのキミ様の
オーバーステアで接触した感じですが、
これは完全にレースアクシデントです。
残念ですが、次戦に期待しましょう。
レースはやはりメルセデス、フェラーリ、
レッド・ブルの3強での争いでした。
しかし、終わってみれば1周の差はついた
ものの、F・インディアが4位です。
もう少しパフォーマンスを上げて行けば
ポディウムも夢ではありません!!!

タイトルの号泣はその少年の気持ちは
痛いほどよく理解できます・・・
私も両映像を観てジンワリしてしまいました・・
もう少年を泣かさない様に頑張って欲しいです!
v( ̄ー ̄)v
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アロンソ、今季初のF1予選Q3進出、7位の快挙に笑顔「上位争いできる位置を確保した!」チームにも感謝

2017-05-14 03:50:23 | MotorSports
AUTO SPORT web F1によると

マクラーレン・ホンダの
フェルナンド・アロンソが、スペインGPの
予選で7位を獲得、チームにとって今季初の
Q3進出を果たし、ここまでの予選ベスト
ポジションをゲットした。

 金曜のFP1ではアウトラップでパワー
ユニットにトラブルが発生、セッションを
完全に失ったアロンソ。パワーユニットを
交換してFP2ではコースに復帰したものの、
キャリブレーションが必要なために
タイムは最下位に終わった。

 しかし土曜FP3では10位タイムを記録、
まずまずの位置につけた後、予選に臨んだ。
Q1では12位を獲得して通過、Q2では10位に
入り、チームにとって今季初のQ3進出を
決める。そしてQ3では残ったソフト
タイヤ1セットを使って1回のランで臨み、
1分21秒048のタイムで7位を獲得、
トップ3チームに次ぐ位置を確保した。

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

今回、大量のアップデートを投入したらしい
のですが、たった1周のアタックのみで
タイムを出したのはサスガとは思いますが、
これをコンスタントに続ける事が
可能かどうかは・・・
地元開催グランプリで何かを彼を
後押ししてくれると良いのですが・・
(;´∀`)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アロンソ、母国のアウトラップでまたもF1エンジントラブル。「アップデートを持ち込んでも試せない…」

2017-05-13 03:52:29 | MotorSports
AUTO SPORT web F1によると

 スペインGP金曜フリープラクティス1で、フ
ェルナンド・アロンソは、1周を走り切る前に
トラブルに見舞われ、マシンをとめた。

 前戦ロシアGP決勝ではフォーメイション
ラップ中にパワーユニットのトラブルに
見舞われてスタートできなかったアロンソは、
地元スペインではトラブルなく、
まずは今年初の完走を目指したいと述べていた。

 しかし金曜午前のセッションで
走り出した直後、アロンソはスピンし、
ターン3のコース外で止まった。
マシンからは白煙が上がり、リヤからは
液体が大量に流れ出した。

 アロンソはマシンをとめた直後、
エンジンのトラブルであると話したと、
Sky F1が伝えている。

「ホンダの問題だ。僕じゃない。
エンジンだ」とアロンソ。
「コーナーをひとつ回ったところで
エンジンがブローアップした。これで
FP1を失ってしまった」
「2回目のセッションはもっと
うまくいくといいね。挽回したい」

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

せっかっくのホームグランプリなのに・・・
ホンダはもう上位を走るのは不可能な
感じですね・・・・・・・・・・・・・・・
この時期になっても液体が漏れるって・・・
過去の栄冠はもう薄れてしまいます・・・・
来シーズンに期待すればよいのですか???
ヽ(~~~ )ノ ハテ?
(-。-;)
インディが絶好調だと良いのですが・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フォース・インディアF1、ペース不足にかかわらず健闘の4位「アップデートでレッドブルを追い上げる」

2017-05-12 03:47:24 | MotorSports
AUTO SPORT web F1によると

フォース・インディアF1のチーム副代表
ボブ・ファーンリーは、スペインGPで
アップグレードパッケージを導入し、
それがうまく機能すれば、コンストラクターズ
選手権で現在3位のレッドブルとの戦いを
視野に入れることも可能だと示唆した。

 第4戦終了時点でフォース・インディアは
F1コンストラクターズ選手権で4位につけ、
ドライバーのセルジオ・ペレスと
エステバン・オコンはともにこれまで
4戦すべてでポイントを獲得している。
ルノー、ウイリアムズ、ハース、
トロロッソは非常に優れたレースペースを
発揮しているものの、フォース・
インディアは彼らを上回るポジションに
位置している。

 ここまでのドライバー2名の成績は、
強力なレースの技と戦略に支えられて
達成したものだ。チーム副代表
ファーンリーは、バルセロナに空力
アップグレードを持ち込むことで、
純粋なペースにおいて現在のライバル
たちを上回り、さらに上位を狙うことも
視野に入れられると考えている。

 フォース・インディアは今後
レッドブルを捉えられるかとの問いに、
ファーンリーはこう答えた。「バルセロナ
からすべてが計画どおりに進めば、
その位置について再評価できるだろう」

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

ついにその時が来たかも?しれません。
以前から期待していたトップ争いまでは
届かないかもしれませんが、ポディウム
争いには参加出来る可能性があります。
今までのシーズンでは途中でのアップデートは
不可能でしたが、今シーズンからシーズン途中での
アップデートが可能になったので、
ポディウムも夢ではありません!!!
Fight!!(o^-^)尸~''☆ミ☆ミ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベッテル、結果の出ないチームメイトに同情。ライコネンは「改善を続ければ勝てる」と確信

2017-05-11 04:00:05 | MotorSports
AUTO SPORT web F1によると

 フェラーリF1のキミ・ライコネンは
今季、彼のパフォーマンスに見合うだけの
結果を得られていないと、チームメイトの
セバスチャン・ベッテルが話している。

 ベッテルはこれまでの4戦で優勝2回、
2位が2回と好成績を挙げており、
ドライバーズ選手権トップに立っている。
一方のライコネンは表彰台を一度獲得
したのみで、すでに37ポイントの差がついている。 

 オーストラリアGPが4位、中国GPも
ベッテルに40秒以上も引き離されての
5位だったことから、フェラーリ会長の
セルジオ・マルキオンネはライコネンの
調子について話し合いを持つことを
望むと発言していた。

 バーレーンGPでのライコネンは
スタートで失敗したものの、のちに調子を
取り戻し4位でチェッカーを受けている。
ロシアGPはベッテルから11秒遅れの3位で
フィニッシュし、今季の自己最高位を獲得。
このレース前に、マルキオンネとの関係性に
ついては「なんの問題もない」と話している。

 4度のチャンピオン獲得経験を持つ
ベッテルは、シーズン序盤のライコネンの
不調に同情的であり、シーズンが進むに
つれて幸運に恵まれるようになるだろう
と考えている。

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

心配無用!!!
キミ様は心配されなくても自分ですべてを解決します!!!
まだマシンが自分に合っていないだけなのです!!!
自分でも以前、発言していましたが、
自分がマシンに合わせるのではなく、マシンが
自分に合うまではなかなか勝てないのです。
本来はダメなスタイルなのかもしれませんが、
これでいいのです!これで!!!
Fight!!(o^-^)尸~''☆ミ☆ミ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加