ワイン農家のつくりかた~Natan Weinberg

”ワインと人生を共にしたい人”が行き着きたい場所へ手ブラで向かって足掻いてる模様

白山ワイナリー

2017-05-05 22:38:21 | 日記
福井県大野市へ子どもを連れて

白山ワイナリーの見学

『山葡萄』のワインを造りはじめて17年だとか。

ワインたちは
山葡萄、ヤマソーヴィニヨン、小公子、マスカットベリーA
(白ワインは売り切れだったので葡萄品種も聞くのを忘れてしまいました(^_^;))



工場の正面には山葡萄と小公子の畑が。

下にも葡萄が居ました↓


山葡萄の畑です↓


すごい仕立て方!!!




この“言うこと聞かん”野性溢れるコたちを獣遣いのようにしなやかに力強く仕立ててます。
しかも垣根仕立てにこだわって👀❗❗

面白い❗❗
マジマジと見せて頂き、小公子へ…↓

こちらは畝ごとにサポーター(お世話人)がいるらしく、それぞれ愛情をもらってます


萌芽したところなんですね(о´∀`о)


そして、少し離れたヤマソーヴィニヨンの畑へ




少し斜めになっているのは、越冬の為だと思います。
地上に出た方が温度が低いので雪(もしくは土)に埋めちゃう為斜めにしている。
と 十勝で教わりましたが、たぶんそういうことなんでしょう。


試飲した中でも“ヤマソーヴィニヨン×マスカットベリーA”の個性と心地良い香りの余韻に惹かれ、連れて帰ることにしました☺️


いやぁ…勉強になりました◎

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1年苗 展葉 | トップ | 新梢整理 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事