ワイン農家のつくりかた~Natan Weinberg

”ワインと人生を共にしたい人”が行き着きたい場所へ手ブラで向かって足掻いてる模様

善か悪か。はたまた…

2017-04-21 13:07:37 | 日記
例えば日本人の、産まれて一才の幼子を異国の地に野晒しに放置すると…その子はどうなるのか。
日本にない病原菌はもちろん、まだ決められた予防接種も受けておらず免疫もなく、耐性も整わず、身体は蝕まれ倒れていく可能性は非常に高い。
かといって、予防予防と無菌状態、またはサプリ浸け、少しの咳で薬浸けでは…この世で生きていくことすら辛い状態に。

今私の葡萄たちはまだまだ幼子です。
守ってあげながらも、いつか自然へしっかり馴染み耐性が出来るよう注意と判断、もちろん必要だと思う時予防接種は行い、ある程度は厳しい“自然の摂理”に耐えてもらい“母ちゃん手作り薬”で見守ります。
我が子にもそうしてますから(笑)


農薬が善か悪かの前に、その葡萄とその状況に共に暮らし、最善の方向というものをいつも考えること。
葡萄を信じ、信じてもらいながら
土壌、虫、菌、水、気候、風、他植物、畑の多様性の中、葡萄と共にその流れへ乗ること。
そんなことをいつか、“暮らし”としたい。

その先に、『私のワイン』があるはず。



↑唐辛子にんにく焼酎。
もう聞いただけで毛虫じゃなくても目が痛くなりそ(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 展葉はじめ | トップ | 徳島新聞 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。